竜約の光環

「竜の血に触れてはならない」
――草原地帯に蔓延る竜、人々は自衛を余儀なくされ、竜を狩る竜狩りが英雄であった時代から、月日は流れた。
竜狩りとして生きる孤児の少女キサラギは、瀕死の重傷を負ったところを黒衣と銀色の男センに助けられる。
否応ない彼との道行きには、キサラギの秘めている過去と、彼女の忌む竜人の存在があった。


[ 登場人物 ]

草原地帯。竜狩りの少女キサラギは、黒衣の男センと出会ったことで、自身の最も憎悪する竜人の真実を知る。
それぞれの望みのため、二人の短い旅が始まる。それは、この世界の在り方を決める大きな物語の始まりだった。


序 章 雨 
第1章 人     
第2章 竜   
第3章 共   
第4章 街   
第5章 祭     
第6章 白  
第7章 解      
第8章 誓     
終 章 晴 




王国地方へと渡ったキサラギは、王国の令嬢エルザリートと、彼女が兄と慕う青年オーギュストと出会う。
エルザリートに助けられたことでキサラギは彼女の『騎士』として戦うことになるが、王国地方における戦士とその戦いは、キサラギの想像を遥かに超えた陰惨なものだった。


序 章 古 
第1章 姫  
第2章 貴   
第3章 意      
第4章 央   
第5章 闘   
第6章 伝    
第7章 錯    
第8章 沌     
終 章 堕 




竜の力を手に入れたルブリネルクが征服戦争を開始した。古の力で未だ国を守り続ける砂漠地帯のラク王国に、戦士たちが集結する。キサラギもまた、そこにいた。
砂漠に住む『最古の者』から、自らの運命と過去を聞かされたキサラギは、竜狩りとして最後の戦いに赴く。
――これは、やがて神代の伝説とされる竜約の物語。


序 章 果 
第1章 始   
第2章 贖    
第3章 砂    
第4章 蜥   
第5章 真     
第6章 呪     
第7章 戦    
第8章 許      
終 章 環  




あいとよぶのなら(「遠国の少女」後)
旅と光環(「遠国の少女」後)
祝福の冠(「世界の守護者」後)
さいわいの光(「世界の守護者」後)
誓いの環と福音の記憶    (「世界の守護者」後)




CATALOGS
Title:竜約の光環
Autor:瀬川月菜
URL:http://silverlant.opal.ne.jp/dragons_ring/dragons_ring.html
linkfree and unlinkfree.




INDEX