―――― 第 7 章 6 挿 話 1


 天、真の夫婦帰還の知らせに王宮が沸いた。典医の役目を持つ父リュウと母ハナは、かなり疲労と衰弱をしているであろう両人の健康診断のために駆り出された。同時に二人を診るため人手が欲しいと見習いたちにも声がかけられ、もちろんシキにも要請があったが、シキは医務室を空にするわけにはいかないと居残りを申し出た。下手な見習いが残るよりシキがいる方がと判断されたため、それはすんなり承認された。
 明るい日差しが射したような気配に、薬を調合する手も軽やかになる。常備薬をいくつか作った後、シキはいくつか香草を取り出して匂い袋を作り始めた。
「……お祝いになればいいけどね」
 光の匂い、朝露の匂い、花の匂い、空の匂い、風の匂い。そういったものひとつひとつを思い浮かべられたらいいと思う。何故ならそれは彼女の世界の香りなのだから。
 ふっと、手が止まる。きっと、もうすぐ、彼女は気付く。根拠もないし確信でもないが、多分、彼女は何かを得る。花や草から立ち上る香気に目を細める。彼女の優しい笑顔を思い浮かべて、それが向けられる相手を想像し、笑みをこぼす。落ちてしまった寂しさにシキは柔らかい痛みを覚えた。
 彼女に訪れているものを知ることは、まだ怖かった。だからこうして一人、祝いにしたいと思う匂い袋を作っている。光の匂い、朝露の匂い、花の匂い、空の匂い、風の匂い。彼女のものになる新しい世界。シキが示すことは出来ても与えてあげられないもの。
「イイ香りがする」
 顔を上げるとマサキが入口に身体をもたせて立っている。いつもの茶化すような明るい表情は形を潜め、その年齢にふさわしい成人男性の落ち着きが見える。
「好まれそうなニオイだな。お前、こっち作る方が向いてるんじゃねえ?」
「さあ、好きなことは確かですけどね。それよりも出歩いていいんですか?」
「こういう時だから構わねえだろ。アマーリエが王宮にいたんならモンダイだけどさ」
 皮肉げに笑う彼には影がある。シキも同じものを共有して、少しだけ笑みを刻む。
 真夫人が川に落ちた。それがまたモルグ族が潜伏してもおかしくない森林のある下流地帯の近くであったため、夜のうちにその地の領主に万が一のための戦力を要請し、早朝から捜索が行われていた。探すものは二人。アマーリエ・エリカ真夫人と、族長たるキヨツグ・シェン天子。
 彼女一人でなかったことは幸いであったと喜ぶ者を囲むのは、不仲説を覆す行動をとった天への感嘆を口にする大勢だった。キヨツグは妻を救うために自ら助けに川へ入ったそうだ。複雑な思いを政治的に抱いたのは若干名、個人的に抱いたのはマサキとシキだろう。
 喜ばないわけではないが、寂しい。祝福しないわけではない。ただ、彼女が変わっていく気がするのだった。
「別に邪魔をしなければいてくださっても構わないんですけどね。お茶を飲ませてくれるのなら、いつまでもどうぞ」
 マサキはただじゃねえのかよと呆れて、しかし律儀なことに先日から再び埋まってしまった茶器を探している。がさごそと部屋を探る音を聞きながら、シキはアマーリエのことを思い浮かべている。
『ご、ごめんなさい。なんだか新婚さんみたいな言葉だなって思って』
 あんな風に無邪気に笑うアマーリエはいなくなってしまうのだろう。時の流れの先に、過去とまったく同じ人間はいない。それがヒト族の彼女ならなおさらだろう。
 だから他人に恋をしたアマーリエの顔を見ることは、しばらく出来そうにもなかった。





|  HOME  |