|  <<  |    |  >>  |

 それでもなんとか身だしなみを整えて練兵場に出た。アマーリエの顔色が悪いのにとアイはおかんむりだったが、それでも彼女たちはあまり締め付けない衣装と、涼しい生地の衣を用意してくれた。それを着て表に出れば、風とともに砂のにおいが舞い上がっていた。今日は少しだけ日差しが強いのだ。
 練兵場の一部に桟敷が用意され、リオンがそこに座っている。襟元をはだけ気味にした男装と簡略的な装備をし、片膝を立てて座っているだけで、長い手足と、凛とした男性に近しい気配が強調されて、彼女は非常に絵になっていた。
「ああ、真殿。ようこそ。こちらへ参られよ」
 ひらりと手を振って招かれる。アマーリエがユメや、周囲に挨拶をしつつ桟敷に上がると、リオンはつやつやとした肌でにやりと笑いかけてきた。
「二日酔いはいかがですか」
「……あなたはなんでもなさそうですね」
 それどころか王宮に戻った時よりも潤ったつややかな肌をしたリオンは呵々と笑った。
「なんの、これしき。私の楽しみはこれと剣を振るうことくらいなので、強くもなりましょう」
 羨ましいくらいだ。結婚式の折りの失敗未遂を思い出せば。
 しかしそういう世間話をしにきたわけではない。手をついて身を乗り出した。
「指環を、」
「始め!」
 リオンの激しい声が開始を告げた。はっとすれば、ぱーんと高らかに木剣の音が鳴り響くのに、アマーリエはびくっとした。
 音は二撃三撃四撃と連続する。途端離れ、最初の攻撃より更に強く激しい音が響き渡る。耳の感覚が麻痺するくらいの、気合いと意志の込められた打ち合いだ。
 身体能力の高いリリスらしく、練兵場を広く使って縦横無尽に駆け回り飛び回る。人よりも高く跳んだのには目を見張った。足場もないのに脚力だけであんなに。
 木剣のぶつかる音は更に激しさを増し、彼らの表情にもそれが現れてきた。目を見開き歯を食いしばり呼吸の一つですらすべて、この瞬間に捧げている。
 いつの間にか食い入るように、両手を握りしめて見ていた。
 アマーリエが見てきたような試合とは違う。身体をフルに使って本気で打ち取りにいくのだ。険しい顔、土に汚れた姿を見ていれば、優雅さはないと都市のセレブリティたちは言うかもしれない。折れた木剣をまだ使い続けるところを見れば、その道を行くヒトは道も求めていないというかもしれない。
 ここにあるのは術だ。生き残るための。生きていくための。折れても折られてもなお響く音や、人間らしさを失いつつある獣じみた咆哮は、ただ真っすぐに生きていくことを叫ぶ。
 これほどの苛烈さで、ヒト族は生きていくことを叫んだことがあるだろうか。
 アマーリエは、知らない。大学に行かせてもらい、戦争をテレビの中の出来事として見ていたような頃があった、自分には。今でも、アマーリエは戦争を知らないまま。当然のように生きているだけ。
「都市のヒト族にこれは分からぬと思ったが」
 隣でリオンが独りごちていた。アマーリエは試合から目を逸らせずにそれを聞く。
「リリスが戦場にて攻撃の手に出ぬゆえ、腑抜けやら臆病者やら自惚れ一族と呼ぶ者もいるようだが、我らはただ命を大事にするのだ。それを阻害されれば反撃はやむを得ぬが、自ら命を落としにいくようなことはしない」
 アマーリエは息を呑んだ。腕に鋭く一撃が入ったのだ。
 歓声。打ち取られた者が下がり、新しい者が場に出た。
「このような場があるのは、自らの心身を知るためだと私は思っている。牙を隠したままでは牙があることを忘れてしまう。自分に何が出来、何を不可能とするか、知ることも重要だ」
 自分の心と身体を知ること。そして、自分に何が出来て、何が出来ないか。
 焦げ付くくらいの熱さが胸にあった。今にも叫び出したいくらいの、強い強い力。
 ヒト族が友愛の民と自称するのなら、リリス族は清幽と苛烈の民だ。俗世から離れた場所に生きる異種族であり、その生は穏やかな一方で苛烈な火花のようだ。知能を持った生き物の中で最も長い命は穏やかに流れ行くが、生きることを強く、叫ぶ。
 もしこの世に、生き物だけが存在するとしたら、強く生き続けるのはどの種族だろう。
「リリスは、強く、生きる」
 思わず呟くとリオンは微笑んだ。
「どんなものも生きるだけだ」
 さてと彼女は立ち上がり、側にあった木剣を持って場に出た。礼をとる武士たちの間を突き進み、敗者から礼を受けると、肩をはだけさせて剣を振った。おお、と声が上がる。
 リオンは美しかった。生きるだけ、それがリリスの本質なら、彼女は生粋のリリスなのだ。
 生きるだけ。生を行くだけ。
 眩しかった。ヒト族の競争心や、モルグの破壊衝動にはない、リリスの生き方を見せられたと思った。
 だからリオンはアマーリエを認めないのだ。リリスの生き方を知らないアマーリエを、きっと、このさきもそうであろうと。
 そう気付くと掴み掛かりたいくらい悔しいのだ。今は知らないだけだ。リリスで生きるのだから、同じ生き方が出来るようになるはずだ。この命は短いからこそ、リリスよりも強く激しい生を歩めると思うのに。
「……っ」
 立ち上がり、裾をさばく。きょとんとしたように女官たちがアマーリエを呼ぶ。しかしそれには答えず、上着を脱ぎ捨てて場に出た。
 リオンに吹っ飛ばされた兵士が観客の側で身体を起こそうとしている。そのすぐ横に立つと、みんながアマーリエに気付いた。沈黙する兵、リオンも動きを止めた。整えられた衣装ではなく、上着を着ずに、今正に重たいかんざしをすべて外して髪をくくっている、リリス女性の最高にあるヒト族の娘を。
「木剣を」
 は、と目を丸くされた。
「木剣を貸してください」
 どよめき。アイたちから悲鳴が上がった。
「真様! お止めください!」
 木剣を持った兵士をじっと見つめると、彼はゆっくりとそれを捧げ持って差し出し、深く一礼して下がった。
「真様!」
「なんてこと。そちらの兵士、顔を覚えましてよ!」
「リオン殿。私が勝ったら認めていただけますか?」
 指環を返してもらうのではない。指環という、キヨツグと心通わせた証も大事だ。リオンが酒宴で言ったことが思い出された。指環を大事にしキヨツグを愛するのは、キヨツグがいなければアマーリエはリリスで生きていけないからだ、という。
 指環を返してもらっただけでは続かない。払拭にも、返上にもならない。相手は本当の戦闘を指揮する姫将軍だ。戦争をした剣と、手習いのような剣では勝ち目はないと誰が見ても明らかだ。
 それでも挑まなければ。そうでなければアマーリエは絶対に胸を張ってキヨツグには会えない。愛しているなんて、酒宴での軽い言葉のように口にしたくない。
「認めていただけますか」
 リオンは愉快そうに笑った。唇が吊り上がるのは楽しくて嬉しいからなのだ。
「ヒト族がリリスに敵うとでも?」
「担がれているのなら、そこにあるかぎり役目を果たします。例え捨てられても、輝きを失っても、今そこにあるのならその役目を負い続けます」
 今がある。今、何が出来るのか。
(私も、その生き方を選びたい)
 リオンから笑いの気配が消えた。唇は緩やかに笑っているのに、その目はきらめく刃の鋭さを伴う。得心したように頭を動かして笑いの気配をすべて吐き出すと、目を見開いて表情に険しさが現れた。生に戦う者の、激しさが叫んだ。
「――来い!」

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |