|  <<  |    |  >>  |

 蒼穹の下の草原に、数台の高級車が停車する。どれも市の所有物の乗用車だった。キヨツグは扉を開けた市職員に礼を言い、久々の、何物にも覆われていない大地に降り立った。大地は温かさと柔らかさを足裏に返し、そこから少しずつ全身に力が染み渡るのを感覚する。都市の無機質にはなかった感覚だった。
 境界が開かれ、市職員が息を呑む気配がした。恐慌が起こりかけ、慌ただしく確認の連絡がやり取りされるのを耳にする。ただ一人、キヨツグだけがそれと分からないくらいに目を和らげる。
 愛情を疑うつもりはなかったが、妻はそのように行動したらしい。
 風が渡る夏草の原野、境界の地平の側に居並ぶ、馬とリリスと旗印の群れ。まるで今まさに攻め入らんとする、地平をなぞるような集合。
 キヨツグが事前に授けておいた指示が発動されたのだ。天の名の下、真に従い境界へ出迎えるように。彼女が動かなければ、回り出さない命令だった。
 単騎飛び出したのがリリスの視界で捉えられた。追従する二騎が見えた頃には市職員たちも近付くそれらに気付いた。彼らはまだリリスだと思っている。後を追う二騎に比べ、小柄で、リリス衣装に身を包み、落花という名の白馬を駆けさせてくる彼女を。
 白馬が足を緩める。止まるのももどかしく飛び降りた影に、また周囲から息を呑む音がした。
 小柄な影、それは成人したリリスにはない体格だ。髪は結える程度長く鈍色、優しく幼くも見える顔立ち、春の花の色の瞳。かんざしの光が目を射り、胸にかかった首飾りのいくつもがしゃらしゃらと音を立てるのが草の音に紛れる。あれほど走っては乱れるというのに、髪や衣装に構わず駆けてくる伸びやかな手足。もどかしそうに、必死に。
 喜びに輝いている顔を見た瞬間、進み出していた。
 一応の礼儀として市職員たちに振り返り、告げる。
「世話になった。感謝する」
 そうして真っすぐに歩いていく。誰も後を追いかけてこない。彼女の後を追っていた側付きたちも、馬を遠いところに止めて見ている。
 走り出したい衝動があるのに悠然とした歩みを意識しているのは、自身がリリスの長として見られている目を意識しているのか、それとも必死に駆けてくる彼女がかわいらしくて愛おしいのか判断がつかない。しかし、後者だと良いと思った。
 キヨツグは境界を越える。彼女が越えられないそれを。
「――キヨツグ様!」
 白い手が伸ばされ、キヨツグは手を広げた。
 次の瞬間抱える全身の重みを、愛おしく思った。返すように背を握りしめる手は温かくて、一層強く彼女を抱きしめる。息を詰めたように小さく繰り返す呼吸は、やがて言葉を紡ぎ出す。
「あの、キヨツグ様。起こったことがたくさんあって、だから言いたいこともたくさんあって……何から話そうか考えていたんですけれど、ええと……」
 腕の中で顔を上げたその目が潤む。また泣いてしまうのかと思い、その頬に触れた。
「……なんだ」
 ごくりと涙を飲み干すように喉が震える。
「……あなたが何者でも、あなたのことが好きです」
 だから、と目を見張る前できつく唇が噛み締められた。目の端が、うっすら染まる。
「だから、私がどんな人間でも、好きでいてほしいです……」
 キヨツグは答えなかった。答えを言う必要はないと思った。代わりにその身体を抱き上げた。突然の浮遊にアマーリエが声を上げる。
「……笑ってくれ、エリカ」
 そうして、抱きしめた妻に囁いた。
「……ずっと逢いたかった」
 言わずともといった様子でふわりと笑みが滲む。
 それは自分なりの真実だった。何故なら、アマーリエは恐らく、少しだけ真実の心を告げたのだと思ったからだった。
 己がどんな人間でも好きでいてほしいと、傲慢にも思える願い事。
 しかし本音を正直に言うのなら、キヨツグが欲しい願い事とは少しだけ違っている。しかしそれでも十分すぎる願いだ。
 願い事は、誰かにしか願えないのだから。
 リリスから轟のような声が上がった。アマーリエが驚いて身体を固くする。キヨツグは顔には表さなかったが、都市の方を見て苦笑した。硬直していた。少々やり過ぎだ。
 閃光が走り、アマーリエもそちらに顔を向けた。報道陣だと気付けばすでにシャッターが切られている。ぽつんと、声が聞こえた。
「また新聞に載るんでしょうね……」
 少々うんざりした様子だった。キヨツグは彼女を抱え直し、光のひらめくそちらに身体を向けて顔を向けながら、言ってやった。
「……見せつけてやれば良い」
 アマーリエはぎょっとしてまじまじとこちらを見た。そうして、噴き出した。花が揺れるような優しい声だった。それに更にシャッター音が重なり、キヨツグは笑い合いながらアマーリエを抱えて歩き出した。

   *

 ただ一人当然のような顔をした護衛官は、淡々とリリスたちに指示を与え、都市からリリスへの入国の手続きを終える。都市の外交官や職員たちにも、脇目も振らず妻へと駆けつけていったキヨツグの代わりに慇懃に挨拶を終えて、自身も入国する。
 その背後にまだ微かに映る都市の塔の数々を見ながら目を細めた。それは、自分の知る果てしない守護の地よりもずっと低いもの。しかし、やがてもう一度、ヒト族は空へ至るのだろうと思った。やがてヒト族は天空を手にする。オウギは、それを、知っていた。

   *

 その日の夕刊には、リリス族長とコレット市長の令嬢アマーリエの写真が紙面を飾った。見出しには『政略結婚と世紀の恋』と付けられたが、もうアマーリエには関係のないことだった。
 関係のないことだった、今は、まだ。

 その紙面を握りつぶし破り捨てて切り裂き、あるいはペーパーナイフで滅多刺しにして、その人々は声を上げた。
「アマーリエ……!」
 愛おしさを、怒りと憎しみと容赦のなさに変えて、ここにはいない彼女の名を。

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |