|  <<  |    |  >>  |

 怒濤のように時は過ぎていった。流行病と時間と人間たちの勝負のようだった。その間にヒト族の偵察が戻り、モルグ族がヒト族に支援を願い出たこと、事実上の降伏を宣言した情報がもたらされた。
 アマーリエの携帯電話にも、イリアからのメールが入っていた。マスコミは連日停戦と新型感染症を報道し、都市の各機関が忙しなく回り始める他に、市庁には市民からの問い合わせが殺到しているそうだった。一方でコレット市長の動きに目立ったところはなく、むしろ冷静に対処に当たっているらしかった。
 都市では医療チームが結成され、モルグに派遣されたらしい。それをきっかけにリリス軍は帰還を始めた。彼らの持ち物は滅菌消毒され、衣類は焼却処分となった。
 新型感染症はウイルスで発病し、風邪に似た症状の数日後に意識を失い、そのまま死に至るという。最新の情報によるとヒト族にはない特殊な血液細胞と結びついて発症するらしい。つまり、発病者はモルグ族かリリス族に限られるのだ。しかしヒト族と他の二つの種族には、お互いの血液を受け入れられる要素があるため、決して安易に血液に触れないよう忠告されている。
 王宮へ知らせは早くに到着しており、戻ってきたアマーリエには女性たちの不安の声が寄せられる。それにひとつひとつ答えながら、安易に怪我など手当てしないこと、傷口をきちんと消毒すること、手を洗うこととうがいをきちんとすることを助言していた。
「ヒト族に感染はしないんですか? どうしてですか?」
「しない、と言われてるけど……。うまい説明がちょっと……」
 年少の女官はやはり不安なようで、アマーリエは精一杯うまい説明を考える。
「ええと、言い方は悪いけれど、リリス族とモルグ族はリリス病っていうものにかかっているとするね」
 ちょっと不安げに眉をしかめられ、言い方が悪かったかもと思ったが、取りあえず進める。
「ヒト族はリリス病にかかっていません。今回の感染症は、リリスたちが罹っているリリス病によって、悪い病気として症状が現れる。だから普通はヒト族にはこの感染症はかからない。いいかな?」
「ヒト族にもうつると聞きました。筆頭女官に真様に注意するよう申しつかっていますが」
「それは、ええと……うん、話をちょっと戻すね。リリスの持っているリリス病は、ヒト族の体内に入ると、普通なら、無害の血に変化します。だから、リリスとヒト族とモルグ族は結婚できるって言われています」
 頷きが来たので、それなりに消化してくれているらしいと続ける。
「でも、感染症にかかっている血が、ヒト族の体内に入った場合、普通の血になるところが、病気だけがヒト族の中に残る可能性があります。だからヒト族も病気になるんだという話、なんだけど……」
「よかった、じゃあ真様が病気になることはないんですね」
 胸を撫で下ろされたので驚いた。そうして彼女たちは笑い合うので、アマーリエは顔を歪めそうになる。唇の内側を噛み締めることで耐えたが、それでも彼女たちの不安の中の小さな喜びは、身に痛むものだった。
 帰還直後に受けた定期検診の結果や、感染の可能性が低いと知ったとき。アイやセリは胸を撫で下ろし、年少の者たちは一層気をつけようと誓い合っていたそうだ。
 でもアマーリエは知っている。結果に一番喜んだのは、己であるということに。
 寝間に行っても、キヨツグはアマーリエが起きている時間まで戻ってこない日々が続いていた。その日も夜の王宮の、政務の間がある紺桔梗殿の明かりが灯っているところを、誰でも通りすがれるような普通の廊下で見ていた。
 冬の月は冴え冴えとしている。これがあと幾度巡るのを見ていられるだろうか。取り出した携帯電話を高くかざすと、中央のボタンを押した。電子のシャッター音が鳴り響いた。
 ディスプレイに表示された、白い光の固まり。淡いぼやけが出来ていて、周囲は、光の明るさのせいで青空になっていた。
「あ、アマーリエ!?」
 ぎょっとしたように呼ばれた。
「シキ」
 それは驚くかもしれない。いくら月と星で明るいとはいっても、暗闇の中で座り続けている誰かがいたら、とちょっと悪い気がして首を傾けた。
「どうしたの、そんな格好で。女官の人たちは?」
「もう休んでもらってる。少し一人にしてって言っちゃった」
 シキは何か仕事中だったろうに荷物を置くと、自身の羽織を着せかけてくれる。温もりが残っており、肩を抱かれたように温かくなった。なんだか嬉しくて頬を緩めていると、シキがぽつりと尋ねた。
「……何があったの?」
 その声が夜露のような自然さで形を成したので、アマーリエは笑みをこぼした。
「昼間のこと、思い出して。眠るのに横になったときって、昔の失敗が浮かんで頭を抱えたくなることない?」
「ああ……それは多分、気の流れのせいだね。寝転がると地面に近くなるから、気の流れが変わってしまうんだって、呪師の人に聞いたことある」
「そうなの? 知らなかった」
 目を丸くするとシキが笑った。
「一年ほど前みたいだね。アマーリエ、最近滅多に話を聞きにこなくなったし」
「……薄情者って?」
「違うよ。君は、本当にリリスの一員になりつつあるんだなって思ったんだよ」
「でも思い知ったかな」
 シキは表情を変える。そして彼もまた、現在リリスだけでなく世界を取り巻く状況を把握し、アマーリエの真意を理解したようだった。気遣うように口を開きかけ、黙って、視線を空の方へ向ける。
 アマーリエはヒト族であることから逃れられない。決して、リリスにはなれない。
 空には、地上の死が蔓延しているとは思えない、青白く澄み切った光が浮かんでいる。
「女官のみんなに、どうしてヒト族が発病しないかって話をして……」
 あの笑顔。心底安堵したようなため息の音。曇りない笑顔。
「みんな、私が発病する可能性がなくてよかったって言ったの」
 その時、アマーリエの心に浮かぶのは、自分には喜ばれる資格なんてないということだ。
 彼女たちにとってどんな裏切りかと思うのだ。死に至る感染症が起こる可能性の中で、アマーリエだけがのうのうと生きていられるかもしれない。万が一があれば自分が唯一の生き残りになるかもしれない、そんな恐ろしいことを考える。
「君は、引け目を感じてるんだね」
 シキが見つめているのが分かる。家族のような見守る瞳で。
「でも、君が大切に思っている人たちがそう思うことを、申し訳なく思う必要はないんだよ。だって、大切な人を大切に扱うのは当然なんだからね」
「大切だけど、私は……」
 ぐっと胸を握る。言いかけた言葉を沈める。
 言えるだろうか。彼女たちが思うのと同じように、自分が思っていると、絶対に言える自信があること。
「……きっと、そんな風に天様は君のこと、見てると思うよ」
 返してねと言ってアマーリエから羽織を外し、シキは立ち上がり、前に立った。月を背負い、濃くなった陰影に羽織の色彩が色のある影のようで、物静かなシキから冴えた光が溢れるように見え、静かに感動する。やっぱり、リリスはみんな綺麗な人たちだ。
「天様のことは好き?」
 一瞬問われたことが分からなくて、数秒後、一気に顔が赤くなる。青白い夜も真っ赤に染まるくらい。
「あっ、なっ……!」
「ほら正直に。言わないともう付き合い止めるよ?」
 そんな脅しは卑怯だ。怒りたいのに怒れないもどかしさで、唇を引き結んで震える。シキはにこにこ笑って、心底楽しそうだ。少しだけおかしいなと思う。こういう人じゃないと思っていたのに。
「……好き、です」
 思わず敬語を使うと、シキは晴れやかに笑った。
「よかった。それを忘れなければきっと大丈夫だよ。じゃ、後は頑張れ」
「は? 後って……」
 荷物をささっとまとめて駆け足で廊下を鳴らしていくシキを見ていたら、後ろから温かいものが被さった。びくっとしたが、今の季節をずっと濃くしたような香りがすることに気付き、感情が嬉しい方向に振り切れると同時に、シキの行動に悲鳴を上げそうになった。あれは、誘導尋問だったのだ。
「き、キヨツグ様? 今の話……」
「……参った」
 俯いた顔を肩に乗せていると震えが伝わってくる。笑っているのだ。もしやこれがハイというやつだろうか。段々笑い声は激しくなってくる。大声というわけではないが、普段から考えるとかなり大きい。
 思わず振り返ろうとするが、後ろからしっかり抱えられていて身動きが取れない。
「キヨツグ様、離してください! キヨツグ様」
 聞こえているのかいないのか。
「キヨツグさ……」
 途端するりと解けた腕に力加減を間違え、支えられるようで導かれるようなけれど強引な口付けを、額に、受けていた。
 呆然とする目の前に、ひどく綺麗で優しい顔がある。
「……私も思っている」
 今の季節は冬。あそこを行くのは雨雪の雲だ。風が吹いて寒いはずなのに、花びらが舞って見えるのは、きっと月の光が辺りの影にいくつも欠片にされているせいだ。
 再び熱が灯ったのは瞼だった。
「……お前のことを」
 これから月は昇り沈み、明日の太陽は昇るだろう。いくつもの日々は巡り、時は経られてアマーリエに降り注ぐ。この世界は誰かのために留められるものではないことを、生きるものたちはきちんと知っている。だから愛すのだろうし、残そうと、続けようとすることも。
 あとどれくらいこうしていられることを、幸せに感じていられるだろうか。
(私は、残された時間を数えている)

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |