―――― 第 1 章
|  <<  |    |  >>  |

 暗闇の教室の中で発光していたスライドが終わり、教師が教壇の側にある装置に触れると蛍光灯が一斉に灯った。その明るさに後部の席に陣取って居眠りしていた生徒も目を覚まし、中部でうたた寝していた生徒もしまったという顔で慌てて空気を窺う。前部の生徒は教壇に戻る生徒を注視して、次の言葉を待っていた。
「では、今日の授業の感想を今から配る用紙に書いて提出して出席とします。内容がないものはだめですよ」
 教師が大雑把に分ける出席票代わりの用紙を受け取った生徒は、それを後ろに回していく。中頃の席でスライドを見ていたアマーリエの元にそれが来る前に、背後から背中を尖ったもので突かれた。授業が一緒の友人だ。
「どうしたの?」
「授業全部寝てた。なんて言ってた?」
「教科書百五十二ページ周辺。動物の進化の過程と、ヒト、リリス、モルグ三種族の人体的関連性についてが今日やったところ。今から配る紙には今日の感想、だよ」
 ごめんと苦笑する友人に笑った頃、前面では用紙を受け取ってもらえない生徒の手が宙ぶらりんになっていた。慌ててごめんなさいと謝って受け取る。
 一度芯を引っ込めていたシャープペンシルを三度ノックして、暗闇の中で一生懸命メモしていた内容を頭の中でまとめる。斜めに走ったり重なったりしていた文章の解読は難しかったが、これまで学習してきた内容と照らし合わせていくと、書く内容については難しいものではない。
 新暦三五九年。世界は、一度ページが破られたように途切れて曖昧になり、装丁から文字まで変えるがごとくあらゆる姿形を変えた。旧暦である西暦が消えたと同時に文明が崩壊したが、『人間』がほぼ元通りの自立生活を再びおくるようになって約三百六十年。
 だが旧暦と新暦の間には記録されていない空白の期間がある。その失われた期間、ロストレコードの頃、動物には変化が起こっていた。旧暦時代そのままの動物は存在している。しかし例えば現代には当然になっている、鳥には角がつき、馬は羽毛を持ち、猫には羽根がある、というような、新種が誕生していたのだ。
 人間も例外ではなく、現在大陸には三つの種族が主として存在している。ヒト族、リリス族、モルグ族という。三種族はそれぞれ『人間』として区別されているが、身体的能力的といった細々したところが少しずつ違う。この三種族間の婚姻は可能ということになってはいるが、ヒト族はようやく旧暦時代と同じように復興させた都市と呼ばれる文明地区に住んでおり、リリス族は都市から見れば『外』の草原に王国を構える遊牧民族で干渉はしないしさせないという体勢を貫き、モルグ族は異能力を持つ戦闘民族でヒト族と始終交戦している。この三間に婚姻が完成することはないのだ。
 さきほど見ていたスライドは、そのヒト族、リリス族、モルグ族の発達部位や血中成分のスライドで、どの部分や成分がどうなっているのかをイラストや数値で現したものだった。ああしてみると、ヒト族がいかに脆弱か分かるというものだった。人体として強く発達しているのはリリス族。ヒト族は最弱だ。
 そのため、そのことに関して用紙に書いた。ざっと書いて読み返す頃には、適当に書き終えた生徒たちが提出を終えて教室を出て行くところだった。
「じゃあ私行くね」
「ん。ありがと、またね、アマーリエ」
 後ろの席の友人に声をかけ、鞄と上着を手に提出しに向かう。ありがとうございましたと教師に挨拶をし、友人や顔見知りにひらりと手を振って教室を出れば、冷たい空気が自分を取り巻いた。思わずはあっと息を吐いてしまう。黒のロングコートは手にあるが、どうせ食堂に行けば脱いでしまうのだ。ブラウスはシフォンだけれど下にタートルネックのインナーを着込んでいるし、今日は運良くパンツだし。急げば寒くない大丈夫。うんとひとつ頷くと食堂まで早足で向かった。
 昼休みが始まった学校内はもう騒がしい。静かなのは研究棟くらいだろう。ぽつぽつと顔見知りがこちらに気付いて手を振ってくる。友人たちは見かけないから、きっともう食堂で昼食を取っているのだろう。そういえば、と鞄の中に手を突っ込んで、携帯電話を探る。ぴかぴか光っているので歩きながら開いてみると、友人からのメールを受信していた。まだー? と訊かれてしまったので携帯電話をパンツのポケットに押し込んで急いで向かう。
 食堂のドアを押し開けると、温かい空気が流れてきてほっとした。大きく取った窓の側、陽光が直接当たらない絶好のいつもの席に向かうと、すでにみんな揃って思い思いのことをしていた。
「あ、アマーリエ! 遅い」
 気付いたのはオリガだった。赤い唇をぷっくり尖らせる。
「ごめん。もうみんな食べちゃった?」
 ううんとオリガたちは首を振る。
「先に食べててよかったのに」
 申し訳なくて荷物を下ろして椅子を引く手が半端に止まる。
「いいの。先に予習してたから。アマーリエがいないから分からなかったけどね」
 おっとりとキャロルが言って、広げた教科書を仕舞う。
「お詫びに教えるよ。でも先にご飯しない?」
「今日のレディースセットはハンバーグ定食なんだあ。カレーにしようかなって思ってたんだけど」
「カレー、美味しそうだね。でも昨日ハヤシライス食べてなかった?」
 リュナがそれもそっかあと笑う。学食組は昼食を注文しにいき、弁当組は席で待機だ。アマーリエは朝の時間の関係で今日は学食だ。チキンサンドイッチにしようと決める。チキンが食べたいからチキンパスタもありかもしれないと考えたが、カロリーを考えるとサンドイッチが良さそうだ。
 それぞれ昼食を前に席につき、いただきますの声で手を付け始めた。
 遮光のブラインドの間から光が射して、食堂内は明るい。暖房も入っているが、陽の光を浴びると印象としても温かくなる。
「そういえばさ、もう基礎生物テスト範囲広いよお」
「あら。解剖実習のアレに比べれば、勉強なんてなんともないわよ」
「寄生虫学なら写真がいっぱい載ってるのにね」
 いやー! とオリガとリュナから悲鳴が上がる。それを見て言ったアマーリエは笑った。ご飯時にそんな話しないでと叫んでいるが、楽しんでいることは丸分かりだ。写真ごときで弱る神経なら、この学部、医療従事者の育成を目的とするこの医学部に入学していない。「小学校のときの理科の教科書が懐かしいわ。蛙の中身なんてめじゃないわよね」とキャロルがおっとり笑って言ったのが、よくそれを表している。
「そういえば……『いただきます』って、古代東洋の習慣なのよね」
 オリガが白米を口に放り込みながら呟いた。
「西洋古語ではそれに値する言葉がないって、センセイが言ってたわ」
 西洋古語の科目は必修だが、確かオリガは自学部のその必修とは別に、文学部の西洋古語講義にも出ていたなと思い出す。アマーリエにはそんな余裕はないので、オリガの熱意は本当に羨ましかった。真似できないと思う。
 そう、オリガのような好奇心も熱意も、キャロルのような包容さも、リュナのような楽しみながら行く強さもないけれど、それでも、アマーリエは医者になれたらと思う。ゆくゆくは総合診療科にいくつもりだ。いつか住宅地区で診療所をしている母の手伝いができたらいい。
「『いただきます』って、命を頂きますって意味なんだよね」
 なんとなく呟くと、オリガは軽く目を見張っていた。よく覚えているわねと言うように。
「私たちの形が変わっても、そういう言葉が受け継がれていくのは、なんだかいいね」
「人間の営みは永遠だからね」
 一体数年後自分は何をしているのだろうと考える時、不思議といつもきちんと思い描けない。どういう行いをすればどういう風になれるのかという知識が不足しているせいもあるだろう。だが、自分が目標している仕事に就いている姿がうまく掴めないのだ。小学生の時の自分はどんな大人になっているのだろうかと考えて浮かぶものよりも、大人になって理解や認識力があるから余計に曖昧で頼りない。本当にこれは進んでいい道か。本当に、これが未来なのか。
 ぼんやり思考に沈んでいると、ぴょんと首元に飛びつかれた。うっと絞まる。
「アマーリエ!」
「ミ……ミリア、ちょっと、苦しい」
「ミミって呼んでくれたら許してあげる」
 離してミミと言うと、彼女は来た時と同じように、弾むように離れた。そのままアマーリエの隣の席に座り、にこっと首を傾げる。そうすると垂れ下がった目元が余計に愛らしく映るのだった。多分本人にも自覚があるのだろう。文学部の生徒の彼女は、違う学部の男子とよく一緒にいる。
「ね、アマーリエ。男の子誘って遊びに行かない? どっちもかぁっこいい子にしてね!」
「ええと、私に言われても……」
 彼氏がいるのに男の子と遊ぶのは浮気じゃないだろうか、という疑問をオリガがずばり訊いた。
「そうよ、ミリア。あなた彼氏はどうしたの?」
 ミリアはきょとんとした後、やはり甘ったるい顔で笑った。
「別れちゃったぁ」
 沈黙が落ちた。訊いたオリガはまたかと呆れているせいだし、キャロルはおっとりと食事を続けたまま、リュナは携帯電話をいじっていて聞いていない。
「浮気されちゃったぁ。私も冷めてた頃だし、気にしてないんだけどぉ」
 アマーリエはというと、信じられなくて呆然とした後、ほとんどこわごわ聞いてしまう。
「……本気で? 本当に、本当?」
 本当だよぉと頷かれて、余計何と言っていいのか分からなくなってしまった。何故なら、今回の相手は、ミリアがその時付き合っていた彼氏と別れてまで恋人となった男性だったからだ。ミリアと彼は常に一緒にいて、時間があれば手を繋いだり寄り添ったり、それはそれは恋人同士の慈しみに満ちていた。
 男女の交際が、十八歳、もうすぐ十九歳にもなれば当然あるものだということは理解している。小学生でさえ彼氏彼女を口にしている時代だ。だがそんなに恋愛は簡単なものだったろうか。
(それって、本当に、恋だったの?)
 怖くて訊けるはずがない。そもそも、恋とは何なのか分からないのに。
「ああもう! やめやめ! ミリア、アマーリエに恋愛恐怖症に拍車をかけるんじゃないわよ」
 オリガが手を振って話を切る。そしてテーブルに強く手をつくと、アマーリエ、とドスの利いた声で呼んだ。
「明日の夜、空いてる?」
「あ……いてない!」
 ほとんど直感で叫んでいた。オリガが舌打ちする。また男女混合のコンパでも企画しようと思っていたのだろう。度々そういう手を彼女は仕掛けてくる。
「あたし空いてるよぉ」
「あなたには訊いてない。まったく、出会いの席にも顔出さないなんて、重症だわ」
 アマーリエは曖昧に笑う。だってそういう席ってそういうことが目的の人ばかりなのだ。あまりいい出会い方だとは思えないのだが、そういうのをきっとオリガは恋愛恐怖症と呼ぶのだろう。キャロルなら、夢見る乙女ねとずばり指すかもしれない。
 つまり、自分でも分かっているのだ。憧れる気持ちはあるが、なんとなく躊躇してしまうこと。恋愛に怯えているような自分や、恋愛そのものとの距離感が掴めない自分に。
「よし、決ぃめた!」
 ミリアが声を上げて注目を集めた。
「あたし、もう恋なんてしない! 一生ひとりでいる」
「出来もしない宣言をしない方がいいわよ、あなた」
 オリガの言葉に「絶対無理ね」「無理ねえ」とキャロルとリュナが同意する。
「うーるさい! アマーリエがひとりなんだもん。あたしがずぅっと一緒にいてあげるからね!」
 飛びつかれてまた首が絞まり、苦笑しながらアマーリエはありがとうと言った。きっとそんなことは出来ないのだろうなということは分かっていたけれど、にっこり笑うミリアは、やはり可愛いのだった。

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |