|  <<  |    |  >>  |

「誰が一生ひとりでいるって?」
 にやにやした声と共に、テーブルに影が差した。あらと手を挙げたのはオリガとリュナで、キャロルはにこりと笑って首を傾げる。ミリアはぷうっとチークの赤い頬を膨らませた。
 テーブルに近付いてきたのは先輩である男子学生たちだった。研究科目で一緒になるのでアマーリエたちにも付き合いがあり、また彼らは顔が広いらしくアマーリエの知り合いに関わっていることもあって、仲のいい男子生徒で先輩たちだった。だがにやにや声の彼、ノルドとミリアの相性は最悪で、このときももちろんミリアは喧嘩腰だった。
「なぁによ。文句あるわけ?」
「いんや? 女同士一生一緒にいるっていうのもオイシイじゃん? と思って」
 なにおう! とミリアが席を立ち華奢な肩を怒らせた。
「あたしとアマーリエはプラトニックなんだから! あたしはともかく、アマーリエをブジョクしたら許さないからね!」
 騒がしい食堂中に響き渡るような声で叫ぶと、きつくノルドを見据える。だがノルドはそのミリアが面白いのだと、ミリア本人以外の誰もが知っている。からかうのもいい加減にしてあげたらいいのにとこっそりため息をつき、でもノルドが苦手だから巻き込まれるのが嫌なので胸の内に留めていると、名前を呼ばれた。
「ルーイ」
 やあ、と微笑むアイドルのような愛らしい顔の青年は、空いている席で座ってもいいかと尋ねる。もちろんと示すと、ルーイは笑顔になって席に落ち着いた。
「ノルドも飽きないね。本当にミリアのことが気に入ってるんだ」
「小学生みたいだね。私もあの二人見てると、平和だなあって思う」
 しかしその平和は大学や日常という、この小さな世界の中だけでの話。ヒト族はモルグ族と交戦中だ。四つの都市とその周囲の草原を少しばかり国として有しているヒト族は、国境の接しているモルグ族の攻勢を受けている。防衛を敷いているのは国境防衛隊で、軍という言葉は何処にも攻めないという古来のしきたりで使わないそうだからそう呼ばれている。兵役は課せられてはいないが、俸給が良いため志願する者は多いらしい。一方で大学に通える、それも医学部となると集まるのはそれなりの身分に属している者たちで、このルーイも区会議員の息子、アマーリエも似たようなものだ。
 だから、本当は真実の意味での平和なんて言葉、使う資格はないのかもしれない。
 そんな葛藤に気付かない様子で、ルーイはそうだねと同意した。
「飲み会するんだって?」
「オリガが言ってるだけ。飲むんだったら気心が知れている人たちの方がいいなあ。でも私、お酒は飲めないんだけどね」
 都市の飲酒喫煙は十八歳からだ。しかし旧暦時代の風習で、成人は二十歳とされていた。
「コンパは嫌?」
「お酒が飲めないから」
 オリガの恋愛恐怖症、キャロルの夢見る乙女の言葉は、ごく内輪だけのものだ。そのため知らずに誘ってくれる友人も知り合いもいるのだが、酒が飲めないからと断っている。一度「苦手だから」と言うと、それを克服してあげようと引っ張り出されて、その席であまり良い思いをしなかった。
「僕はその方が嬉しいな。アマーリエにはそういう席に行ってほしくない」
 アマーリエはきょとんとしてルーイの顔を見た。その言葉は、一体どういう意味が含まれているのだろう。心無しか、彼の顔は自信を浮かべている気がするが。
「アマーリエ、良かったら今夜、」
 ブブブブ、と間に割って入った音があった。腿が震えてアマーリエは飛び上がる。鳴ったのは携帯電話、そういえばポケットに入れたままだった。ルーイの顔を窺うと、どうぞと言われる。アマーリエは画面を確かめる。着信の表示、そこには『パパ』の名乗りがあった。
「父さん?」
 こんな時間に電話なんてできるはずないのに、と席を立って隅に移動する。通話ボタンを押すと、父の声が部屋の反響らしき響きを混じらせて聞こえてきた。
『アマーリエ?』
「どうしたの、父さん。何かあったの?」
『私の天使が誰かに取られてしまう前に、今日の夕食の約束を取り付けてしまおうと思ってね』
 めずらしい、と思う。父は毎日帰宅も遅い。夕食なんて滅多に一緒に取らない。唯一の例外を除いて……と考え、そうかそのせいかと考え至った。でも今年はずいぶん早い。
「いいよ。どこで待ち合わせ? ママに電話した?」
『大丈夫、今からするよ。学校が終わったら市庁舎まで来てくれるかい? タクシーを使えばいい。もちろん誰かに送ってもらうのでも構わないけれど、その時は父さんにも紹介しておくれ』
「分かった。今日は五限までだから、四時半くらいに学校を出るね。それと、いつも言うけどそんな人はいません」
 電話の向こうで笑う声がした。安心したのだろう。常々アマーリエの答えが同じであることを期待している節があった。じゃあと言い合って電話を切る。
 席に戻ると、ルーイが訊きたげにしていたので、父からの電話と、夕食の誘いだったと言った。
「じゃあ、授業が終わったら僕が車で送るよ」
「え、そんな。いいよ大丈夫、タクシーを使うから」
「いいんだ。送らせて。今日は車で来てるから、どこかに出掛けようと思ってたところだったんだ。君を送れるなら、今日はとてもツイてたんだね」
 そう言ってルーイは席を立った。見ると、周囲も人が少なくなっている。腕時計は授業開始十分前を指していて、教室が遠い生徒たちはさっさと言ってしまったのだ。声をかけようとオリガたちを見ると、オリガとリュナの姿が見えなかった。
「……みんなは?」
 一人残って教科書を広げている、空き時間のキャロルに尋ねる。
「あなたたちの邪魔をしたくないから先に行くって行ってしまったわ」
「邪魔? 普通に話していただけなのに?」
 キャロルは微笑んで、大変ね、ルーイと声をかけた。彼の方も苦笑してありがとうとアマーリエには分からない礼を言う。
「私は次空きだから。アマーリエは早く行った方がいいんじゃない?」
「うん。ありがとう。またね」
 鞄とコートを手に食堂を出て行く。ドアを開けてくれたルーイに礼を言ってそれぞれの教室に別れた。授業前の廊下は今度は慌ただしく、中庭では最後の一服とばかりにジュースや煙草をしている生徒たちに混じって、教授たちが交流を深めている。途中講師の先生にすれ違い頭を下げると、向こうも挨拶を返してくれた。
 教室に行くと、顔見知りと目が合って手招きされた。分からないところがあるからと質問に答えたり質問したりしていると、教師がやって来て講義が始まる。
 昼食後でとても眠たいながらも必死にノートを取り、授業が終わって四時二十分となった。ルーイはもう駐車場で待っているだろう。
 ふと、クラブハウスが目に入り、そこを横切ったら早いよね、と思った。思ってしまうとやってしまいたくなるので、人気のないそこを小走りに行き、近道とばかりに花の生け垣をいくつか跨ぎ越して、隣接する駐車場の裏へ向かう。
 すると、そういう時だけ見つかってしまうのだ。
「こら。見てたぞ、花踏んだでしょ」
 ぎくっと身を強ばらせて恐る恐る声の方を仰ぐ。クラブハウスの裏の二階の窓から、中性的な凛々しい女生徒の顔が覗いていた。
「なんだ……エリーナ先輩」
「なんだってなに、なんだ、って。私の存在はそんなに『なん』でもないの?」
「そういう意味じゃないです。びっくりしたけど好きな人が脅かしたんだって分かったら、『なんだ、たいしたことじゃないじゃないか』って思うでしょう?」
「うん、その答えは一応及第点をあげよう。『好きな人』ってところがポイント高い」
 けらけらと面白げにエリーナは笑う。開発研究会の会長であるエリーナは、男性ばかりだというその部で女生徒というだけでなく人柄を考えても異色な人物だ。何を考えているか分からないところがあって、人間ってどう思う? などの質問をするので部員も閉口しているらしい。入学したての頃学校案内で部室に訪れたアマーリエを何故かとても気に入ってくれたらしく、以来ときどき交流がある三年生である。
「ねえ、ちょっと部室に来ない? りんごならあるよ。矢が刺さってるけど」
「せっかくだけれど、すみません、ちょっと待ち合わせしてるんです。また今度お邪魔しますね」
「残念。また懲りずに誘うからね」
 夕日が赤くて彼女の顔が半分金色に染まっていた。それが優しい柔らかさを与えている。そして彼女がふっと目を上げて夕日の方向を見た。アマーリエも釣られて振り返る。
 少しレトロな大学校舎の屋根の上、輝く夕日は少し煙って見えるのは排ガスのせいだろう。そして光はわずかな隙間を縫って強くとも、輝きが強いだけで色はあまりない。薄ぼんやりとした空の色が頭上に広がって、大学と駅の直通バスがエンジン音を響かせて走り去っていった。そんな音の無数が強く駆け抜ける街は、決してこれから訪れる夜も眠らない。
 冷たい匂いのする風が今日も吹いていた。身体が冷えるが、何故かそんな冷たさも神聖な気持ちを与えてくる。風に吹かれて、空気の匂いを嗅いで、輝く太陽と曖昧な空を見る。そこに立っている自分の、心もとなさ。この先にやってくるものを感じながら離れがたい気持ちを抱く。当然にやってくるものではなく、とんでもない何かを、心待ちに待つような高鳴りが底の方に響いている。
 春はまだ遠い。空の色は、まだ曖昧だ。
(私……何考えてるんだろう)
 光が屋根の向こうに沈む。
 見た腕時計の針は午後四時四十五分から四十六分にわずかに動く。ルーイを待たせたままだと慌ててアマーリエはエリーナに別れを言った。白く長い指が布のようにひらひらするのに見送られて、今度は花を踏まないように慎重に越していく。
「アマーリエ」
 距離がかなりあるというのに、エリーナは呼んだ。
「はい! なんですか!」
 彼女の顔はうまく見えなかった。建物の白が夕日を反射して明るく、目が痛むのだ。
「あなたさ、自分が助けられる力を持ってるなら、助けるかな?」
 質問がよく分からないが、分からないなりに考える。エリーナは口調は軽やかでも真剣に答えを求めていた。彼女は口にするのはゲーム的な問いかけでも本気の答えを求める。
「……出来るんなら、助けると思います」
 当然だと思った。
「その助ける力は、自分の持っている人間や動物以外の大切なもの一つと引き換えにした時発揮されるんだ。それでも?」
 何かの物語だろうか。エリーナはよく読んだ小説やテレビゲームの中での、選択の一つを取り上げて質問をふっかける。
 自分の中の大切なものが何なのかにもよりそうだが、それと人一人ならば、通常なら自分を取りそうな気もする。その考えに気付いたのか、エリーナは条件を付け足した。
「助ける力は、大勢の人々に効果を及ぼすの。規模は都市一つと言ってもいいかな。それが、一人の大切なものだけで、助けられるの」
 その条件ならば、物語の中ではその人物はきっと自分を犠牲にすることを選ぶだろう。でも現実でそんなことに直面したら、誰も自信を犠牲にするなんて選べないと思う。出来たらきっとお話だ。しかし。
「私だったら、多分、仕方なく自分を捧げる気がします」
 こうしなければ大勢が救えない、だから仕方がない。直面したら見殺しに出来るはずがない。人間は心を抱えているからだ。大切なものひとつで済むくらいなら妥協しようと考える。
「そうだね。仕方がないと思うよね。……でもそれは、あなたに一生大切にしたいものがまだないからだね」
「先輩? 聞こえません、もう一度お願いします!」
 アマーリエが声を上げると、エリーナはひらりと手を振って早く行きなと声を張り上げたので、いいのかなと迷った末に走り出した。
 だがやっぱり気になるので足を止める。
「先輩! 何かあったら言ってくださいね、お手伝いしますから」
「はいはい、ちゃんと言うよ」
 しっかり答えが返ってきたのを確認してから、もう明るさの灯っている電灯の方向、駐車場へ走った。
 駐車場に行くとルーイはエンジンをかけて待っていた。遅れてごめんなさい本当にごめんなさいと平謝りに謝って、開けてくれた助手席に乗り込む。暖房で車内は熱いくらいに温かく、温度差に微かに身を震わせる。しかし震えたのは一体それだけだったろうかと、エリーナの夕日を見つめて光る目を思い出した。

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |