―――― 第 2 章
|  <<  |    |  >>  |

 脱いだジャケットをハンガーにかけてから倒れるようにベッドに飛び込んだ。スプリングが軋む。
 毎日精神的に疲弊して帰宅する。月曜、市長の元に出頭してから四日目の金曜。詳しい健康診断と衣装合わせに追われ、それらを今週で終えようと周囲も躍起だった。詳しい事情は聞かされていないが、長く準備していると伏せておくことが難しくなるため、この時期に送り出してしまおうという狙いは知れた。そして、当人に話す前にすでに他の準備は終わっていたことも。
 駅に近い住宅区のマンションの一室は十二階のワンフロア全てがアマーリエの持ち物だった。未成年ということで父が管理しており結局父のものだ。外には管理人を置き監視カメラを置き。部屋に入った途端ロックがかかることはないが今度は監視付きである。市長の女性秘書官が玄関に通じるリビングに待機している。リビングを通らなければ、十二階の部屋から外に出ることはできない。
 派手な電子音が鳴り響き、吊ったジャケットをうつ伏せた腕から覗き見る。ポケットの辺りで布地に透けて着信ランプがぴかぴかしていた。あのメロディなら四人の誰かだろう。月曜、オリガから連絡があったものの、返信しなかったアマーリエだった。その気力もなかったし、直後から拘束されたのでその余裕もなかった。他のメールも同様だ。さすがに一週間の終わりになったのだし、メールくらいは返しておこうと億劫ながら携帯電話を取り出した。
 噂を聞きつけたのか心配するメールだった。他はトラブルか心配する友人もいれば、少数ながらいつも通り困り事の助けを求めてくる友人もいた。ひとつひとつのメールに返信して、しばらく学校には行けないことを断る。忙しいからまたねと返信のみに留めて、携帯電話を閉じて、項垂れる。
「しばらくって……一体いつまでなんだろうね……」
 とても馬鹿みたいに感じられて発作的に笑った。だがすぐに萎んで消える。
 ひとりはだめだ。考えてしまう。
 アマーリエは立ち上がると、秘書官にコーヒーを入れるためにリビングに向かった。
「ありがとうございます」
 コーヒーを見て事務的な口調で礼を言った秘書官はビアンカ・トートと言った。五つ六つ年上らしいと見当をつけていたが、それほどの若さなのに市長の秘書官とは彼女もエリートなのだった。
「お砂糖はなしでフレッシュミルクが二つ、でしたよね」
 それらを机に置くと、彼女は一瞬目を見張る。どうしたのだろうと目で微笑むと、彼女は微かに戸惑ったような声で再び礼を言った。
 ビアンカはソファの隅に腰掛け、アマーリエはテレビの前に腰を下ろし、それぞれにコーヒーと紅茶をすする。何をするでもない。見知らぬ他人がいるというのは落ち着かないが、四日目の今日はもう慣れつつある。コーヒーの好みも大体覚えた。スティックシュガーとフレッシュミルクの籠を置くと、彼女はいつもミルクを二つ入れる。二つ、というところが珍しかったので覚えていたのだった。
「あの」
「はい?」
 めずらしく話しかけられたと驚いていると、ビアンカは椅子から立ち上がり、アマーリエの側に腰を下ろした。
「何か、お尋ねになりたいことがあったら、お答えします」
 どういうことだろうと見つめ返す。
「私は、秘書官になる前一年ほど、異種族交流課にいたので。リリス族のことを少し聞かれたら、不安もほんの少しは軽くなるのではと」
「…………」
 言われて、自分がほとんどリリスについて詳しいことは知らないことに気付く。
 リリス族。人種でありながらヒト族とは比べ物にならない強靭な肉体を持つ、騎馬と遊牧の民族。第二都市の東側から南側に広がる草原地帯に暮らしている。農業と畜産と繊維業に強かっただろうか。政治体系は王制と小学校で覚えた気がする。
 それらのことを話すと、ビアンカは頷いた。
「おおよその認識はそれで正しいです。都市と草原の国境は境界と呼ばれていますが、これはリリス族が建てたものです。第二都市の北東のコウリュウ河から、第四都市南のホウ山まで続いています」
「見たことがないから分からないけど……どういうものなんですか?」
「三十メートルほどの石の壁です。厚さは一メートルほどあったでしょうか。これを管理、維持するのは、境界沿いの領主と境界地域に住むリリス族です。第二都市の東側に出入り口がひとつあって、常に見張りが立っています。無許可に越えれば基本的に死刑だとか」
「領主……がいるんですか?」
「草原は広いですから、山麓にある王宮から全ての支配は行き届きません。各地の領主家の長が家長と呼ばれ領主に就き、その領主の父親もしくは母親を長老と呼んで、王宮に招聘し、私たちの議会のような役目を持つ長老会を作ります」
 へえと面白く思ってしまった。都市は四つあるが、それぞれの都市の領分が決まっており管理が行き届きやすく、都市間では電波塔のおかげで情報の行き来が簡単だ。なのでリリスに少し不便そうな印象を持つ。
「やっぱり移動手段は馬だったり」
「そうですね。身分の高い人は必ず純粋馬や馬車に乗ったりします。式典の場合見栄えの問題で角馬や羽毛馬を使うこともあります。農業に使うのは鳥馬や驢馬だったりしますね」
 その後食べ物の話や服装の話をする。ビアンカも慣れてきたのか笑顔が浮かぶようになり、コーヒーが空になったので新しく入れに台所に立った。ポットではなく鍋で湯を沸かした方が早いと判断し、コーヒーと紅茶を用意して水の表面を見る。すると、ぷつぷつと弾けていく泡粒に少し冷静になった。確かに異国の話を聞くのは楽しいが、そこが自分の国になるのかと思うと、気が重い。火を止め、湯をカップに注いで持っていく。
「私の結婚相手の方って、どんな方かご存知ですか?」
「それは、すみません、私は知らないんです。王……族長ですね、あちらでは。族長は交流課長以下数名にしかお会いにならないんです。現れても私たちの前では顔を隠されるとか。でもとてもやり手だと聞いています。族長としては異例の若さで就任なさったと聞きました」
 でも年齢は明かしてくれないのですとビアンカは呟いた。その理由をアマーリエも知っている。
「トートさん。リリス族って、人間なんですよね」
 声の調子が変わったのを感じたのか、ビアンカはぴんとした声ではいと答えた。
「人種ではありますが様々な面で違います。その辺りはお嬢さんの方がお詳しいと思います」
「総じて、長寿」
 ぽつんと言葉が落ちる。
 最も不安なのはそこだった。長寿というのはヒト族から見た場合の判断で、リリス族は普通に百五十年を生きるのだという。モルグ族は交流がないため分からないが、それにしてもヒト族とは生きる時間が違う。それがリリスを、民族の違いという意味を持つ『異種族』と呼びながら、同時に種族が違うと分けさせる理由でもあった。
 時間の流れが違う世界だろう。見えるものすべてがきっとまるきり違う。そこには高いビル群も舗装された道路も走り行く車もなくて、両親も友人たちもいない。
 はっきりと分かる事実にぐっと胸が苦しくなった。どんどんと閉じ込められた壁を叩くように大きく打つ。
「すみません」
 ビアンカが頭を下げた。
「少しお話すれば安心する部分もあるかと思ったんですが……逆に不安にさせてしまいました」
「あ……」
 しょんぼりと肩を落とされて慌てる。後悔させたいわけではないのだ。
「大丈夫です。色々お話が聞けて安心しましたから。こうなると、トートさんが見たことがないっていう族長様の顔を確かめなきゃいけませんね」
 友人に言うようにおどけてアマーリエは言って、ビアンカの笑顔を引き出した後ほっと微笑んだ。その微笑みは当然これからのことに対する安心ではなかった。
 土曜には一通りの準備が終わり、アマーリエは母の診療所に行きたいことを護衛の人々に願った。護衛たちはしばらく上と連絡を取っているようだったが、指示があったらしく了承を告げた。
 車を走らせ、住宅区の一般層が暮らす地区に進んだところ、アーリア診療所というのが母の病院だ。白い清潔感のある、一戸の住宅のような三角の屋根に同じ色の窓枠が特徴で、この辺りの子どもや老人は大体ここを利用するそうだ。
 診療所に入ると受付の看護士の女性がこちらに気付いた。
「あら、まあ、アマーリエちゃん。どうしたの? 学校お休み?」
「はい。こんにちは」
 土曜の二つの診察時間、午前診と夕診の間の昼の時間なので、目が合う看護士たちみんなが手を振ってくれる。
「アマーリエちゃん、大学楽しい? 彼氏出来た?」
 にやにや楽しげな笑いを浮かべてもう一方の受付の若い看護士が肘で突く。いつもの話題だ。表情がぽろりと剥がれそうになるのを堪えながら、まさか! と明るい声で手を振る。すると看護士は唇を尖らせた。
「そういうのも大学の醍醐味だって。ああ、私も恋したい……」
「彼氏と同棲中なのに何言ってるんですか」
 あー、それねー、ともごもごと彼女は言葉を濁す。解消の危機にあるか解消してしまったのかもしれない。悪いことを言ったとさっと話題を転じる。
「母はいますか?」
「私はここよ」
 振り返るとアンナが顔を出したところだった。
「部屋にいるから何かあったら呼んでちょうだい。アマーリエ、いらっしゃい」
 はぁいと看護士たちの返事を聞くなりさっさと引っ込んでしまう。アマーリエはその分も失礼しますと看護士たちに頭を下げて、プライベートルームの扉を開け、二階へ上がる。
 一室の扉が開いており、母がお茶を入れていた。小さな台所のダイニングテーブルに座り、置かれた紅茶の湯気に目を細める。
「ありがとう」
 小花模様のピンクのティーカップはアマーリエが来た時に出されるものだ。赤いお茶には砂糖を一本。手に取ると、母は自分のインスタントコーヒーの温度に合わせたのかお湯がとても熱くて、舌が痺れた。
 いたたと口を開け閉めしているのを、母が見ていた。目が合って、軽く首を傾げて微笑まれた。
「……準備は?」
 アマーリエも微笑んだ。
「一応今日で終わり。来週、行くの」
「落ち着いているのね」
 母が静かに指摘する。微笑めたのは、多分もうどうにもならないことを理解しているせいだろう。それでも、母の言葉はアマーリエの心を揺さぶるには十分だった。
「ママ……」
 六歳の時に離婚した母のことを、癖の抜け切らないアマーリエは今でもママと呼ぶ。父のことをパパと呼ぶときもある。そういう時は、自分が弱いときだった。くしゃくしゃの顔になって、それでも涙をこぼすまいと唇を噛み締める。
「ママ……私……」
 母はじっとアマーリエを見つめている。だが決して助けてくれないであろう視線に、ぐっと泣き言の息を堪える。それでも、思ってしまった。
「パパは、私を売ったの?」
「……あなたがそう感じるのならそうでしょうね。あなたを利用するんだもの」
 冷静に事実を述べたアンナは、嘲笑するように唇を歪めた。煙草に手を伸ばし、火をつけた。
「あの人は自分の愛したものしか見ないの。あの人が愛しているのは、自分と、都市と、マリア・マリサ義姉様」
 その中にアマーリエは入っていない。傷付きはしたものの衝撃的ではなかった。常々父には伯母を想う素振りがあったのだ。アマーリエを通してマリア・マリサを見ている。娘を愛していても、その愛情は娘に降り注ぎながら結局は違う場所へ染みていく。そしてそれほどの愛情は、妻だったアンナには注がれなかった。
「……だから、離婚した?」
 母は薄く笑って答えなかった。
「あの人が何を考えているかは分からないけれど、優先するものは決まっている。多分、今回は都市ね。気をつけて。例え血の繋がりがあっても信じ切ってはだめよ。逆に、血の繋がりがないから、種族が違うからといって信じないのもいけない。言葉と態度をよく見ておきなさい。……ごめんなさいね」
 それは何も出来ないという謝罪だったとアマーリエは思った。肩を抱くこともしない態度は、離婚を決めたときからの母のけじめの付け方だと知っていた。母は自分の選んだ道に後悔はしていないが、娘には申し訳なく思っている。だからアマーリエは首を振って、温い紅茶を飲み干した。

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |