―――― 第 3 章
|  <<  |    |  >>  |

 行列は進む。直線的な進路を取らず迂回するように進むのは、起伏の多い道を避けてのこと。そしてその地に祀られる縁を司る神に婚姻を知らしめるためである。王宮に到着するのは夜と予定され、そこでは花嫁を待つ族長が準備を行っているのだった。


 一人きり馬車に揺られていると落ち着く余裕ができた。もし心の整理をつけるために一人にしてくれているのなら、気のつく人がいるのだろう。一緒に乗り込んだ人にじっと見つめられたり、慰めの言葉をかけてもらったり、見ないふりをされても、それがリリス族の人というだけで心が荒れそうな気がした。
 馬車は広い。複数人が乗れるものに見えるのだが、代わりにぎっしりクッションが詰めてある。行儀悪く寝転べそうなものだ。王宮、とやらは睡眠を必要とするほど遠いのだろうか。
「王宮……王様がいるんだったっけ……」
 その王様と結婚する。今まで考えなかった、考えないようにしてきたが、どんな人物なのだろう。持っている情報は、顔は見せず、だが若くして就任するほど有能ということで。アマーリエの想像する王様は、童話に出てくる小太りの小さなおじさんだ。髭をたくわえ王冠を被る。しかしそれは旧暦西洋のイメージだ。新暦に生きる異種族リリスの王様など想像もつかない。
 窓の覆いから光が漏れて、とても暖かそうだった。そっと覆いを捲ってみる。
 広がっている丘陵。地平線が見えることに驚いた。そして何もない。わあ、とマイナス方向に感動してしまう。冬の草原というのはこんなものなのかと知識を得て、もっと緑緑しいと思っていた部分を改める。都市外農業区の牧場の緑は多分人口で植えた牧草の緑なのだろうから、これが自然の姿と言えばそうなのかもしれない。
「でも……ほっとする……」
 空は天球という言葉が相応しいくらい広いし果てもない。地平線に向かう自分がどこへ連れていかれるか不安もある。しかし最初に踏んだ地面の感触が優しかったので、こういう色の方が余計安堵を覚えるのだった。
 だがこのヒールはいただけない。多分ドレスの下で土塗れだ。
 並走する馬に乗る人の靴を見ると、革らしきブーツだ。乗馬するからだろうか。衣装は全体的にひらひらしていて着物に見えるが、それにしてはたくさん重ねているような気もするし、刀や、鎧に見えるものを着けている。儀礼用、というだけではない気がする。儀礼も入っているだろうが、なんとなく刀だけは使い慣れたものである印象が強い。
 ふと前方から馬が下がってきた。馬車に並走する人に並んで走り、何か話している。

   *

「――前方から?」
「はい。旗印がございます」
 ユメは覆面の下で渋い顔になった。旗を掲げるということは王宮の人間で身分の高い者が進行していることを表す。花嫁を連れた行列に並ぶとは言語道断ではあるが、人間は限られてくる。馬鹿か、本物だ。
「警戒せよ。我らに気付いているということは、向こうも面をつけねばならぬことを知っているはず。襲撃とも限らぬ」
 リリスは平和な地であるが、盗賊や不届きな輩は存在する。言外に匂わせると、兵は短く良い返事をして先頭に戻っていく。
 ヒト族から夫人を迎えるのは前例にないことであり、夫人の守護となる親衛隊の選抜が難ではあったが、選ばれた者たちは皆職務に忠実だった。恐らく誰もが意外だったのは、その花嫁が小さな人間だったことである。子どもかと見間違うほどの身長や、細い身体の線に、男どもはどうやらその下はどんな可憐かとお顔を拝見したいと密かに思っているようだ。若干浮ついた空気漂う行列を見やる。
 その前方から集団が見えてきた。逆方向に駆けてくる彼らの先頭、確かに旗が掲げられている。空を駆ける者の印はリリスの紋だ。そして、中央に位置する見覚えある青毛と黒鹿毛に軽く呆れ、次にせねばならぬ号令を行列にかけた。
「止まれー!」
「止まれ、止まれ!」
 先頭に渡っていく指示。同時にユメの元に到着する二頭に、行列を担う彼らは礼をする。ユメもまたこの場での指揮官として頭を下げた。
「不満そうだが」
 青毛の騎乗者が一言短く。分かっているのにどうしてとユメはため息を堪えられない。
「何故止めませぬ」
「…………」
 代わりに覆面の下でも分かるようじろりと睨みつけるユメの如何ぞに、黒鹿毛の騎乗者は黙ったままだ。いつものことなので諦めてはいるが、そのためユメは青毛の人物に言わねばならない。
「これは花嫁の行列にございます」
「知っている」
「ご存知ありませぬ。御連れするのはただの花嫁ではござらぬ。これは我らが真夫人となる御方の行列。乱せばお咎めを受けましょうぞ」
「あっ……!」
 小さな声に驚いて振り返ると、馬車から白いものが飛び出した。風に乗った薄布が空を泳ぎ、顔を出した花嫁が青ざめている。ユメが取りに動こうとした直前のそれが一歩の差だった。青毛をばっと駆った彼は、土で汚れる前に薄い織りの布を手にすると、一転して花嫁の方へ向かう。

   *

 突然馬車が止まったので何事かと思った。止まれの掛け声が通り過ぎていき、何かあったのだろうかと窓の覆いをめくる。並走していた馬の人が、行列にはいなかったように思う立派な純粋馬に乗った二人と会話しているのが見え、思わず身を乗り出したら窓が開いた。すると突如吹き込んだ風がベールを持っていってしまう。
「あっ……!」
 話していた三人を含めた全ての者たちがこちらを見るが、アマーリエは飛ばされたベールの行方を追いかけていた。素顔を周囲に晒すことに気付かずに。
 突風が掴んだベールは飽きたようにすぐ離されてしまう。高く舞い上がったのもつかの間、あっという間に地面に向けて落ちていく。それを拾ったのは、青く光る美しい馬の上の人物だった。
 身体が傾いでも恐れることなく手を伸ばして、あっという間にベールを掴む。それこそ攫うように。
 勢いのまま反転してこちらにやってくる。馬車の前で止まるには勢いを殺しきれず、馬はわずか竿立ちになった。鼻息粗い馬を落ち着かせたその人は馬を下りるとこちらに歩み寄ってくる。
 指示があったわけでもないのに馬車の扉が開かれた。体勢を崩して転がり出る。ドレスの裾をわずかに掴み、あの心もとないような確かな感触の大地に降り立つ。
 舞い上げられた裾、泳ぐわずかにほつれた髪を押さえた。そのうち注がれる視線に背筋を改め、両手を前で組む。
 見上げた。相手はかなり背が高い。さきほどの女性より指何本分か身長がある。アマーリエは片方の指先をきつく握りしめ、唇を引き結び、何事か言われるのを待った。
「……痛くはないのか」
 きょとんと目を丸くした。プラスの方向、いたわりの言葉だとは思わなかったのだ。その戸惑いには気付かないのか、指先はそっと顎を持ち上げる。男の人の手だと実感したのはわずかだった。彼から静かな視線を浴びた後。
「そんなに噛み締めると、傷付く」
 唇を、なぞられた。
「テン様――!!」
 女性の怒声が上がる。逃げるように、しては悠々とした遅いとも言える動きだったが、彼はばっと宙に広げたベールをアマーリエの首元で身体を包むようにした。そしてアマーリエの手を取ってベールを押さえさせると、背を向けてさっさと馬にまたがってしまう。
「お……戯れが過ぎましょう! 本来ならば、まだ目通りの叶わぬ方でございます!」
 怒りのあまり彼女は言葉を詰まらせている。アマーリエに対する態度とは打って変わって、本気で怒り心頭しているのが感じられた。しかし彼の方は気にも留めていない様子でのたまう。
「傷付けば痛い。痛い思いをさせるのは忍びないだろう」
「当然でございます!」
「どうぞ、馬車にお戻りください」
「お足下にお気をつけて」
 周囲に促され、アマーリエは馬車に戻る。声をかけてくれた背の高い二人が女性であるということにも、彼女らが笑いを噛み殺しきれず笑顔なのにも気付かず。
 動き出す号令も聞こえなかった。揺られるままに身体がことんとクッションに倒れ込む。そのままぼんやりとして。
 ベール越しに唇をなぞっていた。無意識だった。夢を見ているかのように。
「…………っ!」
 あまりのことに声もない。今更になって暴れ回る心臓を身体の上から押さえつける。だって今にも喉や胸から何か飛び出しそうだ。
(ああ、あ、あんな、恥ずかしいこと!)
 最初にしてくれたように礼儀正しいのがリリスではないのか。実はあんなにスキンシップが激しいのか。夫でない人間が花嫁にあんなことをするのは許されるのか。許されないだろう、だって女の人が怒っていたもの。
 指の暖かさが忘れられない。少し触れた爪や、覆面の下から覗いた光る瞳。痛い思いをさせるのが忍びないと言ったのが彼の行動理由の全てだったかもしれない。でも唇に触るだろうか。頭を抱える。まだ心臓がうるさい。このまま逃げ出したいくらい、とても。
 きつく目を閉じた。忘れることなど出来ないが、そうでなければあの時の光景がずっと映ってしまう気がした。


 次に目を開けると、日が落ちてきているのが目に光を注いだ。気付けば眠っていたらしい。身体を小さくしていたため、肩の辺りが軋むように痛む。「実は私って結構強いのかな……」と呟いて自嘲した。単に限界がきただけだと分かっている。
 覆いを捲ると空は残照で赤く青く、天から暗闇が降りてきている。王宮は都市から遠いようだとアマーリエは感じた。リリスの地図は分からないので、そういうものだろうかと首を捻っても納得しかしようがない。
 でもずっと歩いているのなら行列の人は大変だろうなと思った。速度が遅くとも歩き続けるのは辛い。それとも、こういうことが日常茶飯事だったりする……とまで考えて、多分するのだと思った。自動車とかバイク、自転車なんて使わないに違いない。徒歩と動物。それが交通手段。
「全然分からないけど……教えてもらえるかな……」
 出来ればうまくやっていきたい。王様の花嫁がそんなことも知らないのかと嘲笑われる対象になりそうな気もしたが、都市では恥ずかしくない人間であったつもりだ。だからきちんと聞いてきちんと覚えようとは、思っている。リリス族がどんな人々かは分からないけれど。
 つらつら考えた時だった。派手に馬が嘶くのが聞こえた。
「……! …………!」
 今度はがくんと揺さぶられるように激しい止まり方がされる。外が急に騒がしくなったのが気配で分かった。また何かと不安を覚えながら、また窓を開くような真似はせずにそっと覆いの隙間から覗くだけだ。しかし。
「敵襲! 敵襲!!」
 聞き慣れない言葉があちこちで叫ばれていた。
 意味を理解して血の気が引いた。
 自分の理解が浅かったことを思い知る。異国で犯罪がないわけではないのだ。都市と草原、犯罪の種類の違いこそあれ。親衛隊、の言葉が蘇る。その言葉の本義は、身辺を警護する兵隊たち、だ。
 日が完全に落ち切った。灯火をまだ点けていないのか周囲は暗い。その隙を狙ったのなら玄人の襲撃だろうと考えられた。アマーリエの存在を知ってのことであれば、この結婚は歓迎されていないことになる。とぐろを巻いていた不安が、急に鎌首をもたげた。
 その時思いもがけない衝撃が襲った。

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |