|  <<  |    |  >>  |

 アマーリエにもまた、迎えが来た。立ち上がるのを手助けされ、引きずる裾はそのままに、だが皺にならないように整える人がつく。外に面して建物の周りをぐるりと囲むような廊下や、その建物同士を繋ぐような廊下を歩き、空気が段々と冷えて重くなる方へ進んでいく。
 階段を下りて、外に連れ出される。白い世界だった。白い玉砂利の上に赤い布を張った板がバージンロードのように渡されている。目指す建物は朱く大きい。
 式を行う部屋は、広く真っすぐで縦に長かった。両側に簾がかかっているからそう見えるらしい。簾の向こう側にも人の影が見える。もちろん、アマーリエが進むすぐ両側にも、身なりを整えた美麗な顔立ちの人々がいる。中年以降の人物は珍しい。
 導かれた先に、小さな椅子に腰かけるあの人の後ろ姿があった。振り向かない。前方には、多分祭壇だと思われるものがあり、それをじっと前にしている。息をしているのか心配になる、背筋の真っすぐさ。
 やがて見慣れぬ服装の人々が入ってきた。映像などで見覚えがある、神官と巫女というものだろう。都市には土地の名残で神社があるが、ほとんど建物と古来の習慣的行事の利用だけの機能しかないため、こういった儀式は初めてのことだ。
 神官が正面の祭壇に礼をする。起立をと言われ、はっとして長い裾を手繰ると、じっと見られる気配と近くには見下ろされる気配があって縮こまる。
 自分がどう見られているのか分からなかった。恐らくほとんどの人がヒト族を見るのが初めてだと思われた。リリスはみんなすらりと背が高く、目は少し動物的で、ここまでに見た誰もが華麗だったり美麗だったりする顔立ちだった。外見がすでに違うし、なにより寿命が違うのだ。隣のこの人も、とんでもない年齢かもしれない。
 神官の降る、房のようなものも見ることが出来なかった。着席すると更に儀式が進められ、奇妙な抑揚の、歌ではないが経でもなさそうな、東洋古語の更に古い古語で言葉が読み上げられ、大中小三つ重なった器を渡された。困惑する。
「……三度に分けて呑め。三度目に飲み干す」
 低い声で隣がさっと呟いた。しかし顔を見ることは恐れがあって叶わない。
 濃い香味にアマーリエは躊躇した。
(私、お酒飲めないのに……)
 しかしここで断っては式の進行を妨げる。神聖なものだとは重みで分かっている。これを飲むことは儀式だ。誓いの杯は、ヒトとリリスの契約の水。
 息が震わす水面に、恐る恐る口を付ける。
「…………」
 唇を震わせて苦みを堪えた。するとしばらくして再び酒が注がれた器が回ってくる。また飲めというらしい。
「……飲めないなら口を付けるだけで良い」
 口を付けるだけでいいというのは天啓だった。顔を向けそうになるのを押さえて、三度口をつける。が、香気で酔ってしまいそうだ。器は、すぐさま横からさっと攫われた。
 突然のそれが、自然と彼に目を向けさせた。
 長い睫毛に縁取られた凛とした目元と眉、すっとした鼻筋、淡く光る健康的な肌の色。指の先まで綺麗な人。
(この人が)
 飲み干した彼が小さく息をつく。器を渡し空になった手で額を押さえ、そして、アマーリエの緩慢になっていく時間の中で彼はこちらを見た。
(私の)
 どんとショックを受けたように胸が高鳴った。呼吸を忘れた。口元を覆う。ぽつん、という衣装に雫が落ちる音が、いやに響いた。
 堰を切ったように涙が溢れて頬を伝っていった。その理由が考えられない。涙をこらえるのに精一杯で。あまりにも綺麗なものを見たときの悲しいくらいの気持ちや、この人の美しさや、この人が自分の未来を奪っていったことが通り過ぎていくのを感じた。残酷に切り刻まれるくらいの苦しさで、アマーリエは喉をひくつかせる。
 それをなんと思ったのだろう。彼はその美麗な顔に影を差させて目を逸らす。神官が何か持ってきたのを、「それは良い。飛ばして進められよ」と進行を妨げるようなことを言って手を振った。何かを持ち去る巫女の気配が去ると、式は再び進められ、涙する花嫁を残して終わった。


 その後は宴会である。衣装を着つけてくれた、肩に髪を垂らした彼女が大丈夫かと声をかけてくれ、大丈夫だと言いはしたものの、顔色はあまり良くないと判断されたのか御酒は過ごされませんようにと言われた。飲めないので大丈夫だと言ったが、彼女の言葉の意味を宴席で理解する。
 上座についたアマーリエの隣には、夫となった人がいる。彼はアマーリエと共に挨拶を受け、杯を重ねていく。当然アマーリエにも祝いの酒が注がれるのだが。
(飲めない……)
 少しずつ飲んで干してはいるものの、その端から人が来て祝い酒を注いでくれるのだ。飲めてもすぐに酔っぱらって気分を悪くしてしまうアマーリエは少しも大丈夫ではない。
(飲めないって言うのは失礼だろうし……この人たち、きっとヒトなんて見たことないんだろうから、印象悪くしたくない……)
 モルグ族に対抗する手段としてリリス族の援助を請うための結婚。そのためにヒトは花嫁を捧げた。これは政略結婚。杯の中に映った顔は、明らかにリリスではない。
 その水面が不意に消えた。手の甲で。
 驚いて見る前に新しい杯を押し付けられた。甘い香りのする杯と、隣で赤ら顔の男性と会話する彼を見比べる。気付いているはずなのにこちらを見もしない彼は、酔い始めているのか少し赤い。
 恐る恐る押し付けられた杯に唇を寄せてみる。甘い匂いがするが、アルコールの匂いはない。一口飲めば、ぱっと胸に爽やかな風が吹くようだった。
(甘い!)
 柑橘系のようなさっぱりした味がする。苦みもなく透明な感じで、喉に優しい。なにより好みの味だ。飲み干すと気分も少し晴れた。
 が、杯が空になったのを見計らった新しい人の挨拶と酒を受けた。曖昧に受け答えし、少しは楽になったからこれは飲もうと、杯を上げる。
 しかし再び杯が取り上げられ、新しいものが押し付けられた。同じジュースだった。彼の顔をもう一度見るが、さきほどからずっと挨拶に答えているばかりだ。
 この交換に気付いている者がいるのかいないのか、アマーリエに注がれた酒を彼が飲んでも咎める者は現れない。
 席は煌々と行灯の火で眩く、女性たちが行き来している。立ち歩くのは彼女たちや席を移動する人々くらいというパーティーにしては静かなものだが、喜ばしい雰囲気に場が満ちている。
「なんとも麗しゅうございますな。花嫁はなんとうら若き乙女か!」
 今度の人は声が大きい。自分に関係ない話でも耳をそばだててしまう。逆に落ち着きすぎている彼の声は、他の低い大勢の音に紛れて聞こえない。相手も酒に酔って浮かれている。
「涙を流す風情はたおやかで、都市の方はかくも美しいものと」
「ミン卿。それではそなたがシンに気があるよう思われる」
 こちらにも聞こえたのは、相手の言葉を遮るほど少し強い音だったからだ。相手の男は「いやはや」と頭を掻き酒を飲み干す。それを頃合いと見たのか他の男性が席を立ってこちらに近付き、挨拶と世間話が始まる。
 もしかして今のは、泣いたことを気遣ってくれたのだろうか。
 いや、分からない。この人のことは、まだよく知らない。
(綺麗な人だとは思うけど……)
 ある人は同じように思うかもしれないし、ある人は怖いと思うかもしれない。そういう種類の美しさだ。微妙なラインにある。外見はそんな風に思うが、内面がよく分からない。この人はわざわざ迎えにきたということになるから。期待は、優しいな、優しいといいなという方向に傾いている。泣いてしまった手前、どう思われているか少し怖いが。
 何故泣いたのだろうと考えてみたが、うまくはまる理由がなかった。これまでに経験したことのない理由なのかもしれない。
 アマーリエは今度こそゆっくりとジュースを飲み、もう一度杯を交換した後に、退出を促された。


 ずっしりと重かった婚礼衣装を脱がされると、肩が楽になった。白い一枚だけでも、部屋にはストーブのようなものが置かれて、床は暖房の仕組みがあるのか仄かに温かいため、そんなに寒くはない。ベッドに入ればきっとすぐに温かくして眠れるだろう。
「ご気分が優れないようでしたら、すぐこちらにいらしてください。私たちは向こうの部屋で待機していますので」
 女性たちは一斉に礼をする。それで今日の色々は終わりだとアマーリエは胸を撫で下ろして、笑顔で言えた。
「今日はありがとうございました。おやすみなさい」
「はい。おやすみなさいませ」
 女性たちはぱっと花開くような笑顔でアマーリエに軽く頭を下げた。彼女らを見送ろうとしたが、顔を見合わせる間があって、どうやら寝室に行くまで待つのが彼女たちの役目なのだと気付く。なのでもう一度軽く頭を下げて、アマーリエも奥の部屋の扉を開けた。
 部屋の隅にアンティーク的な形のランプに火が入っている。ものを隠すのか布の衝立が立てられていて、覗いてみると着替えが入った棚が置いてあった。ベッドは普通だが、頭や四隅の彫刻がとても高価そうで、だいぶと広い。ベッドに入ろうとして、アマーリエは身体の動きを止めた。
 枕が二つ。続いて広いベッドの理由を取る。
 そしてここに何をしに来たかの意味が降る。
 声にならない悲鳴を上げた。
 逃げ場を探した。だって、いきなりこんなこと、許容できるわけがない。

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |