|  <<  |    |  >>  |

 曲がり角に来ると少し立ち止まり、行く道に人の姿がないことを確認して、直線の道を足早に進んだ。一緒に来てほしいとお願いしたアイは、そんなアマーリエを不思議そうに見ている。
「何か……願掛けですか?」
「あ、ううん、そういうわけじゃないんだけど……」
 答えて自分の態度がおかしいことを自覚する。アイもどうも妙だと気にしている様子で、気付けばじっとこちらを見ている。
 正直に体つきの話をすることは考えられず、あの軽い調子の少年のことも携帯電話の件をうまく説明できる自信がないので伏せたままだった。
 だが改めて自分の言動が奇妙だと気付いたので、きちんと背筋を伸ばし、堂々と歩き出した。
 ハナ・リュウの部屋を訪れることにしたのは、先日ハナに貸した教科書に関連する本を思い出したからだった。なくてもいいがあった方が理解が深くなると、参考文献として大学のシラバスに載っていて購入したものまで荷物に入っていたためだ。本当は彼女の屋敷に行くつもりだったのだが、遠回しにだめだと言われてしまったためにアマーリエも強く言えなかった。だめなものはだめだと、ここではどうにもならないのが分かっていたのだ。
 そのため、王宮内でハナとハナの夫が与えられている部屋に行くことにした。部屋は文部でも王宮の中央寄りにあった。
「こんにちは……」
 そっと覗いて、ぐるりと目が動いた。どの壁も天井まで棚と引き出しで、部屋の中央に大きな机が置いてあり、そこには一部乱雑に本が詰まれ、調合などに使うであろう道具が散らばっている。辺りには甘いような辛いような、薬草と水の匂いが漂っていた。
 向こうの部屋から眼鏡をかけた男性が出てきた。髪を一つに縛っており、男性にしては線の細く、どこか美術系の大学生のように見えた。彼はアマーリエに気付いて、手の中の本を机に置く。
「どちらさまですか?」
「ハナ・リュウ先生はいらっしゃいますか?」
「ハナですか? いいえ、今出ています。御用なら僕がお聞きしますよ」
 やっぱりどこかの研究室の院生っぽい人だ。笑顔が応対に慣れている。それなら、と本を差し出した。
「この本を渡していただけますか? 増えてしまって申し訳ないと言っていただけると……」
 本がブッカーでつるつるしているのが不思議なのか、受け取りながら不思議そうに見やっている。
「もしや……真様でいらっしゃいますか?」
 何気なく頷く。すると、彼の空気が一変して改まったものになった。対等に立っていたのが一歩下がり、叩頭される。
「これは、大変失礼をいたしました!」
 怯えたのは逆にアマーリエの方だ。狼狽えてアイを見るが、アイは平然として彼を見ている。なのでこの態度はアマーリエの考えが浅かったことと、理解が浅かったことを示している。
「いやあの、止めてください! 私こそ失礼してしまったみたいで」
 なんとか立ってもらい、微笑んだ。
「何か作業中なんですよね。すみません」
 片隅の道具を見やる。硝子の管を通って蒸気となった水が、少しずつ繋がった容器に溜まっている。理科準備室を思い出させるものが、この部屋にはたくさんあった。フラスコや、メスシリンダーや、アルコールランプ。試験管にはコルクで蓋をされ、白い欠片が沈殿している。
「……興味があります? 見学、されていきますか?」
 気付くと優しい目で男性が見ていた。
「いいんですか?」
「はい、どうぞ。椅子を持ってきましょう」
 長い裾がいろいろなものに触らないように気をつけながら、棚を眺めていく。本棚の本は古く、紐で綴じた和紙かなにかのものもあり、観葉植物か薬草にするのか分からない小さな鉢植えがいくつか置いてある。机の上には器具や道具があり、やはり理科の実験を思い出させるのだった。
「ここは仕事部屋ですが、調剤をしているところでもあります。薬草は壁の棚に種類ごとに保管してあって、ここのものは天様方にしか使われません」
「こんなにあるのにですか?」
「天樣方に何かあった時、薬草がなくて治療が出来ない、なんてことになったら打ち首ですから。王宮内部の治療には、こことは別に医務室があるんですよ。隣なんですが」
 彼はお茶を出してくれた。リリスにどういう病気が多いのかという質問から、リリスの医療事情、リリスという人種の免疫や耐性についても教えてくれた。訊いてしまった手前悪いと思ったのだが、一応ハナに師事している身なので大雑把に聞くに留めた。それに気付いた彼は、許可が出たらここの本を読むといいですよと穏やかに微笑んだ。
「あなたは、典医さん?」
「いえ、まだ助手です。両親がいますからね」
 両親、誰だろうと首を傾げると、彼は名乗らなかったことを思い出したらしく、慌てた様子で頭を下げた。
「シキ・リュウと申します。リュウの息子です」
 固まると彼は穏やかな顔に穏やかな愉快を浮かべて言った。
「ハナは子どもがいるようには見えませんでしたか?」
「はい、だって、ハナ先生って……」
 若いと言いかけてはっとなる。そうだ、寿命のせいで老化速度が遅いのだ。人間は百で長寿という意識が生まれたときから存在している自分に、リリスの寿命を常識と思えというのは、どうもまだ難しいらしい。
「……私、まだ慣れてなくて……」
「僕たちもヒト族の方を見るのは初めてです。リリスに比べて、刹那の時を生きるヒト族は一体どんな風に世界が見えるんだろうと、僕は考えたことがあります」
 刹那。瞬きの時。一瞬。リリスに比べると、ヒト族の時間は短い。言われて、逆に、アマーリエにはリリスの長寿はどんな風に時間を感じるのだろうと思った。
「人生は、長いですか?」
 彼は微笑んだ。「案外、短いですよ」と。長くないのかとアマーリエは目を見張る。
「ところで、おいくつなんでしょう。訊いてもよろしいですか?」
「あ……はい。十九です。シキさんは?」
「僕は二十五です。……ヒト族の方って、二十歳前後で真様の外見が一般的なんですか?」
「ええと……あんまり大人っぽくは見られないと……」
 思い浮かべたのは都市の友人たちだ。オリガは年上に見られるし、リュナは年下、キャロルは一般的で、ミリアは濃い化粧のせいで年齢不詳だ。彼女たちに比べると、アマーリエはどちらかというと幼い部類に入るかもしれない。
「そうですか。老化が速いんですね。一年もあったらすぐに変わるんでしょうね」
 でもきっと、この星の命の長さに比べたら、どちらも短く刹那の命なのだろう。人間は、この星がどのくらい生きているのか確実に知る術を今は持たない。失われた時間の記録が、『失われた』とだけ残っている部分もある。多分、アマーリエの記録は都市においては『失われた』ものに入るのだろう。あったけれどなかったもの。
「そろそろ戻られますか? 女官の方がお待ちですが」
 振り返ると、入口でアイが座っていた。困った笑顔ではなかったが、アマーリエがここに長居してしまって困らせたことになる。つい一人でお茶を飲んでべらべら喋ってしまった。
「ご、ごめんなさい。シキさんもすみません。お邪魔しました」
「いいえ。よろしかったらまたどうぞ。とても楽しかったです」
 心からそう言ってくれていると分かる喜びが滲み出るような笑顔だった。お土産によく眠れる薬草まで持たせてくれる。気を使ってもらって申し訳なくて、何かお礼をと思ったけれど、今のアマーリエには何も持つ物はないのだ。視線を落とす。寂しい気持ちがあった。
 椅子を片付けようとするとそのままでと言われた。シキが礼をしてくれるのに何度もお辞儀をして、アイに謝って部屋を後にした。



 翌日の授業でハナに本を返してもらった。驚いて受け取ると、もう読んでしまったそうだ。アマーリエが三年かけてカリキュラムを組んで学ぶことを、この人は吸収してしまったらしい。実感のこもった声で「素晴らしいです」と感嘆の息とともに言われた。
「ヒト族の医学はとても進んでいるのですね。私どもが知識として記録している効能が、成分として名前をつけられて他の成分と関連づけられて記述されていました。思わずいくつか書き写させていただきました。これなら読んでも妨げにはならないでしょう。お返しいたします。ありがとうございました」
 こちらこそと頭を下げる。余計なものを持ち込んだと怒られる可能性も考えていたのだが、役立ったようで安心した。
 それで、と声の調子が変化した。本題に入るのを感じ取って背筋が伸びる。
「私がお教えできるのは実践だけだと理解しました。早速、これを飲んでみていただけますか?」
 お猪口に苦そうな不透明の緑の液体が満たされている。ハナの顔を見ると、お飲みくださいと言われ、口を付けた。途端、口の中一杯にじわじわとなるような苦みが広がり、堪えきれず渋い顔になってしまう。
「一般的な風邪薬、解熱剤です。調合は……」
 顔をしかめている場合ではなかった。慌てて書き留める。筆記の道具は、アマーリエが使っていたシャープペンシルなど存在しておらず、一本の小筆なので余計四苦八苦する。墨は摺ってくれていたが書写は小学校以来だ。ひどい字だった。
 次に示されたのは調合だった。道具をハナが並べていく。乳鉢や、切り刻むための小刀、薬草の束、水など。指示されるままに道具を使ったが、案外簡単なので調合が出来たときは安心してしまった。だが。
「飲んでみてください」
 一口飲んだリュウがお猪口を渡した。また苦いのだろうと考えたのが顔に出たらしい、リュウが冷たい目をした。
「ご自分で飲む気もないのなら、薬は調合できません。これを飲むのは患者です。弱った人間です。万が一の間違いがあってはならないんですから」
「……すみません」
 厳しいことを言われただけでなく、自分に対する戒めのつもりで頭を下げた。薬に口を付ける。その瞬間、アマーリエは飛び上がった。
 さきほどの薬が甘かったと思えるほどに。調合した薬は歯茎の隙間に侵入して刺すほどに苦く、舌が機能しなくなるほどすごかった。苦い。苦すぎる。
「味の違いが分かりましたか?」
 これを飲んで平然と問いかけるハナが分からない。というより何故顔が変わらなかったのだろう。
「分かりませんか? 少し渋みがあるでしょう」
 少しどころではなかったのだが、泣きそうになりながらはいと頷き、指し示された乳鉢を見る。薬草が酸化して黒くなり始めていた。
「すり潰すのに時間がかかり過ぎで酸化してしまったのです。この薬草はすり潰し空気に触れると苦みが出ます。手早く、そうですね、十秒以内に作業を」
「はい……」
 こっそり指先で滲んだ涙を拭っていると、どん、と音高く何かが置かれた。
 再び目の前に置かれた道具。それを見て、ハナの顔を恐る恐る窺う。
 ハナは、可憐な顔でめいっぱいに笑った。
「さあ、もう一度」

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |