|  <<  |    |  >>  |

 昼食の心配をされて、アマーリエは断った。アイも心得たもので、代わりに果物や菓子を持ってきてくれた。だから太るのだろうと分かりつつも果物を口に運ぶ。桃のような汁気の多い甘い果実は、桃のようでありながら青い色をしていた。苦みも感じなくなった舌に今度はじんじんと甘味が染みる。
 一口食べるごとに、落ち込んできてしまった。
 何度も注意され、調合したものはすべて失敗に終わっていた。才能で出来ることを決めてしまいたくはないが、向いていないのではと思わずにはいられない。机にかじりつくだけじゃ分からないことが、なんて多いのだろう。
 アマーリエの落ち込みを察したのか、今部屋には誰もいない。ぼんやりと懐を探っている自分に気付き、携帯電話の電源を入れて人の通りかからない窓辺に寄った。送ったメールの返信が受信された。
『何かあった? 忙しいみたいだからまた落ち着いたら連絡してね。月曜三限にレポート出たよ』
 三限というと語学だ。東洋古語。成績はいい方だったのが幸いだった。リリスの古い書物には一般的に東洋古語が使われているので、ハナに示された書物を読まなければならないのだ。
『ありがとう。こっちからも時々メールするから返信ちょうだいね。レポートがんばれ』
 返信を終えると他には何もせず電源をオフにした。いくら携帯電話が普及した頃と比べて電源の保ちが良くなったとはいえ、電気が通っておらず充電が出来ないこの土地では限りがある。出来るだけ、携帯電話を見ないようにしようと決めていた。
 ――そのさきのことは、考えない。
「電話、したいな……」
 大学に行きたい。昼食をみんなで囲んで。駅前のファストフードで帰宅時にお喋りして。そういう時に父から『私の天使』と電話がかかってきて、母から土曜空いているから顔を出しにおいでとメールが入る。従姉のイリアが突然電話をかけてきたり。
 ありふれた毎日。みんなが糸で繋がっている、都市。
「戦争って、どうなったんだろう」
 ふと疑問が口をついた。自分のことで手一杯だったが、ヒトとリリスの結婚はモルグに対抗するための同盟の証だ。アマーリエの結婚によってどのように事態が動いたのか、テレビもないここでは確かめられない。携帯電話のワンセグがちらりと過ったが、電源の持ちや確実に情報得られる可能性を考えると、あまりうまい考えとは思えない。
 誰に訊けば答えを得られるだろう。
「しーんサマ」
 小馬鹿にするような声がしたのはその時だった。顔を上げると、昨日の少年が窓の向こうから身を乗り出して笑っていた。
「君」
「キミ。キミってすかした呼び方すんだね、あんた」
「じゃあなんて呼べっていうの? 私、あなたの名前を知らないんだけど」
 むっとして言い返す。ははと彼は笑った。
「忘れてた。俺、マサキ。マサキ・リィ。マサキでいいよ、真サマ」
「私も『真サマ』じゃなくて、アマーリエ・エリカ・コレットって名前があるんだよ」
「うっわ、大層な名前。あま、む、アマーリエ、で、いいわけ?」
 少し呼びにくいらしく、舌をもつれさせながら彼は呼んだ。そういえば、ここに来てアマーリエと他人から呼ばれた覚えがあまりない。ここでは自分は『真』としか呼ばれなかった。
 だが、ちらりと引っかかった。
(あの人は……普通に呼んでた)
「ん、アマーリエ?」
 顔を覗き込まれた。近い、と思って身を引く。同時に考えかけた種もどこかに失せた。覗き込んで、にこりとマサキは笑う。どきっとする温かい笑顔だった。アマーリエ、と呼んだ音が奇妙に胸の中に響いて、切ないような寂しいような気持ちになった。
「じゃあ、アマーリエ。ずっと引きこもっててヒマだろ。ちょっと遊びに来ねえ?」
「遊びに?」
「そう、機械あるぜ、見たくね?」
 気安い笑顔とやんちゃ少年な口調のせいだろうか。なんだか調子が狂う。簡単に頷かせてしまう力がマサキにはある。初対面でもだ。
「見たい、かも」
 正直に言うと、今度の笑顔は嬉しそうだった。
「じゃあ行こうぜ。ほら」
 手を引かれて慌てた。
「ちょ、ちょっと待って、アイたちに言うから」
「いいのいいの。すぐ戻るんだから」
 そういうわけには行かないだろう。突然消えたら、また先日のように大捜索の上、脆い女官には泣かれてしまう。
「待って。やっぱり声かけてから行く」
 きっぱりと言って手を振りほどくと、がくんとマサキは肩を落とした。
「マジメだなあ。んなの別にいいじゃん」
「良くないでしょ。私一応『真サマ』なんだから」
 揚げ足を取ってみると、ぷっとマサキは噴き出し、表に回ると言って引っ込んだ。そこで初めて、窓の向こうが廊下も何もない外だということを思い出した。ということは外から中にぶら下がっていたことになる。変な人、と呟いた。


 マサキの部屋は客棟の一室だった。一番広い、良い部屋だ。
 そういえば、彼が何者なのか聞いていない。アイたちに彼のところに遊びに行くと言ったら、それはいいことだと喜んで送り出されてしまったし、そういうものなのか何か言われたのか分からなかったが、ついていくと言う者はいなかった。
「へっへー、じゃーん、これでーす」
 ばっと広げられた手の向こうに、山と積まれたのは機械だった。思わず、目を見張った。リリスに禁じられているはずのものなのに。
「す、っごい……」
 手に取ってもいいと言われて触ると、確かに機械だ。でも電気が通っていないので、コンポなどは動きはしない。だが電池式の懐中電灯などは、きちんと丸い光の輪を壁に映し出した。感動してしまった。
「都市って、湯が沸く機械があるんだろ? いつでも湯があったけえって聞いたんだけど」
「ポットのこと? 電気があったら、あれで沸かせると思うけど」
 入れてくれたお茶を飲みながら片隅に追いやられている一つを指した。マサキは真面目な顔をする。
「あれ、なんか顔みたいですげー好きだったんだけど、そっかぁ、そういう使い方するんだな」
「集めて、何か使ってる? というか使えるのかな」
「いんや、ただの収集。ボタンがめちゃくちゃついてるやつとか、すんげー重たくて黒い画面に自分の顔が映る箱とか、面白くて集めてる。一番好きなのは電球? あれ丸いの好きなんだ。透けてるのに線が見えるのとかかっこよくね?」
「ちょっと……分からない……」
 なんで分かんねえのとマサキは唇を尖らせる。機械が許されているということもあるし、彼はもしかして身分の高い人間なのだろうかと考えたが、それにしては口調が丁寧なわけでもないし、物腰に品があるわけでもない。どこにでもいる普通の少年という感じだった。それも、すごく手を焼くタイプの。
「こういうのって、許されてないでしょう?」
「そう。まあ、黙認されてる形だな。俺結構都市びいきなんだよな。だからリリスでは結構変わり者なわけ」
「好きなものを嫌いって言えるわけないじゃない。言ったらすごく辛い嘘だと思うよ。変わり者、いいんじゃないかな」
 私もそうかもと笑うと、マサキはじっとこちらを見ていた。思いがけないといった表情に、少し怖くなる。
「な……に? 私、もしかしておかしい?」
 すると無表情が破れるようにして笑顔が現れた。満面の笑みだった。
「いいや。俺、そう言ってもらったの初めてかも。誰も彼も話題にしないか話題にして怒るか嫌な顔するかだし」
 笑ってはいるが、嫌な思いをしてきたのだろう。だがそれでも好きな物を好きだと言える強さが、少し眩しい。自分が何かあげられた気はなかったけれど、なんとなく嬉しかった。
 マサキは自分でも名称の知らない機械をアマーリエの前に積んで、これの名前は、使い方はと矢継ぎ早に質問を浴びせた。アマーリエはそれに答えていった。いくつか正しい名称が思い出せないものもあって、使い方をうまく説明できないものもあったが、出来る範囲で答えるとマサキはすぐに想像力を膨らませてだいたいを把握していった。ものすごい勢いの吸収力だったため、荷物にあった情報の教科書の話題をすると食いついて、今度プレゼントすることになった。
「あの、モルグ族との戦争ってどうなってるか知ってる?」
 話が切れた合間に、そう問いを口にする。彼は一体何の話だろうと首を傾げたが、すぐに思い当たったらしい。
「戦争? あ、そうか、あんたそのための政略結婚だったもんな」
 むっとして目を逸らす。言われなくても分かっている。
 機嫌を取るように優しい声でマサキは答えた。
「今停戦してるよ。モルグが攻撃してこないらしいぜ。リリスとヒトの同盟の噂が流れてるんじゃねえの。もしかしたら確認のために一回くらいは交戦があるかもな」
 その交戦でヒト族が、あるいはリリス族が現れれば、同盟が成されたのだと分かるのだろう。停戦している、という言葉に安堵し、膝に顔を埋めた。
「なら、意味はあったのかな。結婚」
「あったと思うぜ。少なくともヒト族は楽になったろ」
 てぃん、とマサキの指が幼児が使う玩具のピアノで不安定な音を鳴らす。毎年調律したピアノを幼稚園の頃から弾いていたアマーリエなので、ピッチが違うのがすぐに分かった。
「……リリス族は?」
「リリス? んー、どうだろうな。リリスは今回までは特に支援を必要としてなかったし、なくてもなんとかなったかもしれねえけど。まあ、同盟を結んだってことはこの先のことを考えてのことだろうな」
 確かに、アマーリエが来たから何か変わった様子はない。アマーリエはただ王宮にいて、日々を過ごしているだけだ。物語のように剣を取って戦場に行くわけではない。救国主になるわけでもなく、誰かを救うわけでもない。ただ、今生きているだけ。
 マサキの顔に、ちらりと罪悪感に似たものが過る。
「……ったく、んな顔すんなよ。リリスがあんたを受け入れたのは、リリスに利益ありと考えてのことだよ。他はどうかしらねえけど、天サマと長老方は納得してる。あんたが心配することねえよ」
 そして機械を放り出し、アマーリエの頭をぐしゃぐしゃに掻き回して。
「落ち込んだ?」
 マサキが覗き込む。三つ編みが肩から落ちて、揺れる。
 アマーリエは笑った。
「別に。それ、バッテリー逆さまだよ」
「え、マジで?」
 道理で動かなかったわけだとマサキは大袈裟に笑い、アマーリエも笑った。小さく。ここには、何の影も存在していない。でも、生きることを自覚するのはとても疲れるものだと何故か思ってしまった。

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |