|  <<  |    |  >>  |

「お帰りなさいませ、真様」といつもよりきらきらした明るい声が、自室に戻ったアマーリエに一斉に注がれた。どうも興奮しているようだった。
「ただいま。……すごい、どうしたの?」
 その理由は、部屋に広げられている一面の衣装や装飾品などにあった。露店のようだ。だが普段着以上の華麗なものばかりである。例えば帯などはがっちり金糸銀糸で縫い取りしたものであるし、かんざしは無数の淡水真珠が連なっているし、折り畳まれた衣たちは重なって虹のようになっている。
「真様」
 見蕩れていると詰め寄られているのに気付かなかった。前にはアイたち、後ろには他の女官たちと、がっちり掴まれる。爪が肩に食い込んで痛いですと言いたいが、雰囲気が許さない。引き攣った笑顔で、なあに、と問いかけるのが関の山だ。
「明日は礼儀作法を指導してくださるミチカ・サコ殿がいらっしゃいます」
「う、うん、それは朝聞きました」
「ミチカ・サコ殿といえば、天様とその母君巫女ライカ様のお付きだった方です」
「そ、そうなんだ、ふうん……」
「天様が天の位に就かれた時に隠居されましたが、今回特別に真様にご教授くださるとのこと」
 厳しそうな先生だと想像してしまったが、今はアイたちの笑顔の方が、怒られたりするよりもよっぽど怖い。それに彼女たちは力も強くて、後ろに下がろうとする足がばたつく。
「サコ殿に気に入っていただけるよう、わたくしたちも努力して参ります。……つきましては」
 ありがとうと言いかけてアマーリエを捕らえる腕が強くなった。逃げようとした気配を察してのことで、何故分かると思わずにはいられない。つきましては、の続きを聞きたくないのに、捕まえる手はアマーリエの身体を離さなかった。
 するとアイたちは、ざっと櫛や簪や衣装を広げ、化粧道具の筆を踊るようにかざし。
「せっかくですので予習致しましょう?」
 と美女たちが迫る。いつも控えめにと言っているツケが来たのだ。
 アマーリエの叫び声がむなしく響いた。

   *

 真様のご様子は如何ですか? と尋ねられたのは、仕事もそろそろ終わろうかという頃だった。誰も彼もあれを気にしているのかと、キヨツグは目を上げる。問いかけたユメが微笑んでいた。
 喜ばしい。あの娘に対して味方が出来るのは喜ばしいが、ユメと違い、キヨツグがマサキに対して思ったのは癪に障ったようなむかつきとざわめきだったことを思い出して、む、と考え、止めた。
 さて真の様子と考えれば、女官たちの報告が上がってきている。起床はそれなりに早く、朝食後、今はハナ・リュウの講義を受け、午後からは散歩に出たりしている。夜はよく眠れているようだ。病気の気配もない。腰の低いところは仕方がないが、親しみやすい主だと女官は報告したので、キヨツグは安堵していた。
「特に問題はない。摩擦の気配も特にない故、公務に出しても支障無かろう」
 だがまた怯えさせるのだろうかと考えると、陰鬱な気分になった。どうしても自分はあれに無理強いさせるらしい。夜、ゆっくり眠らせてやれるくらいしかしてやれそうになかった。寝台の端で小さく縮こまる身体を解いてやって、毛布でくるんでやることくらいだった。
 物思いを止めて息を吐けば、護衛官のオウギとユメが顔を見合わせていることに気付いた。
「なんだ」
「それだけでございますか」
「それ以外に何がある」
 言うと、オウギは無表情のまま、ユメは呆れたようだった。結局どちらも文句があるらしい。軽く眉を寄せるとユメは首を振る。
「間違っても、真様にそのようなことを申されませぬよう」
 オウギにも何か言いたいかと顔を向けると、彼は黙って見つめてくる。考えろと命じる力を強く感じて「……分かった」と頷いた。
 分かってはいるのだ、あれはちゃんと一人の人間であることも、そう扱ってやりたい自分がいることも。だが、うまく出来ている自信がない。王宮に『普通の娘』という存在があったことがないためだ。王宮にいる限り、リリスの者は天に仕える者、何らかの要職にある者など役目を負っている。そういう者たちにはそれに相応しい身の振る舞い方が出来る。だが、最初から何の地位も持っていない娘というのは初めてだった。最初から身分を持たず、誰に仕えるのでもない、アマーリエ・エリカ・コレットという一人の人間。
 真という役目以上のことは望まない。無理強いはしない。ここに彼女を望んだのは自分なのだから。
「…………?」
 呼び声らしき声が聞こえて、キヨツグは顔を上げる。オウギとユメも気付いたらしく、さっと警戒を滲ませる。オウギはキヨツグの正面に立ち、ユメは刀に手を置いた。
「何やら騒がしゅうございますね。見て参りまする」
 ユメが出て行ったが、出たところで誰かと鉢合わせしたらしく、すぐに戻ってきた。
「恐れながら」
 口調から緊急事態ではないと判断する。が、彼女は非常に言いにくそうだ。軽く頷いて先を促す。
「……真様のお姿が見えないそうにございます」
 思わず腰を浮かした。慌てた声でユメが続ける。
「なんでも御衣装改めの最中に抜け出されたと。外には出ていないことは確認したそうにございます。女官たちの着せ替えにたまらず逃げ出されたのでございましょう。彼女らは常々真様をお迎えするのを楽しみにしておりましたゆえ」
 度が過ぎたのだと言いたいのだろう。キヨツグは座り直して額を押さえた。女官という役目の者はどうしてこうも着せ替えが好きなのだと、幼い頃の記憶を思い起こした。
 御苦労とユメをねぎらって仕事に戻ったものの、何故かあの怯えた表情が無意識に浮かんできて何度振り払っても筆が止まる。怯えた表情、ぽつりと落ちた雫の音。震える白い指先は、動いてはならないというように堪えていた。
 女官たちとうまくやれているとは聞いているが、まだ慣れぬところがあるだろう。そのうち着せ替えを強要され、断りきれずに言われるがままになり、しかしあまりの無茶にたまらず逃げ出した、そうだとしたら。
「天様。筆が、」
 ユメが言うのを、オウギが遮った。
「残りは明日に」
 淡々と終了を告げると、机の上の書面を取り上げて片付けを始めた。キヨツグが見ていた墨の滲んだ書面は、その場で持っていかれて流れそうになる墨を拭われている。行けとも、仕方がないとも言わない。だからオウギには頭が上がらない。
「すまぬ」
「私も参りまする」とするりとユメが後に続いた。
 二手に分かれてあちこちを見て回った。北側の後宮はユメが見に行き、キヨツグは南側の門の方に回る。人の出入りが激しいこの辺りは、着飾った娘が歩いていたら誰かがすぐに声をかけるはずだ。門番などに聞いてみたが、こちらにはそういった娘は来ていないという。
 焦りが強く胸を焦がす。夕焼けの空のようにじりじりと悲しみが襲ってくる。悲しみと共に怒りがあったが、すぐに悲哀に取って代わられた。もし外にいるのなら、恐らく寒い思いをしているだろうと、小さく自分を抱えて眠っていた娘を案じた。
「おや? 天様」
 その他に意識を向けずにいたため、近付く気配に気付かなかった。
「……カリヤ殿」
 長老家の一つ、イン家の、妻に家長を譲り、若くして長老となった男だ。
「何をなさっておいでです? お散歩ですか? いや、それにしてはもう暗いですがね」
 くすりとカリヤが笑う。少し気に触ったのは焦っているからだろう。
 この男は王宮に出入りするようになってから何かにつけて因縁がある。地獄耳で、用意周到だ。今だって何をしているか大体察しているのだろう。女官が総出で探しているのだから、耳に入れていないはずがない。キヨツグも関わっている場合ではなかった。
「真様ですが、そこの物見にいましたよ」
「…………」
「しかしお気を付けを。どうやら真様はマサキ殿と仲がよろしいご様子。お昼もお部屋から笑い声が聞こえておりましたよ。歳が近くて、きっと気が合うのでしょうね……」
「それくらい、知っている!」
 振り払うように叫ぶと西の物見台に足を進めた。マサキと最近良く会っているのは知っている。仲が良いことも耳に入っている。だが他人に指摘されると腹立って仕方がなかった。マサキは明朗快活、人の扱いがうまく、人に気に入られる性質で付き合えば楽しい。あれが付き合って楽しいのなら喜ばしい。
 だが、あれは、私の妻だ。
 物見を見上げればひらり、蝶か波のように錦の裾がはためいていた。

   *

 呆然としたカリヤの後ろから兵士が近付いてきていた。心配そうにカリヤ様と呼びかけた彼は、向こうに歩き去る主君を見て、ほわあと間抜けた声を上げる。
「今の、天様ですか? 驚きました。あの方があんなに声を荒げられるなんて」
 珍しいですねえと笑っている男の横をカリヤはすれ違う。兵士はまた、その無表情と憤怒を表した歩き方に、不思議そうに目を瞬かせ空を仰ぐ。冷静沈着な男が二人、感情を示すのは、きっともうすぐ槍でも降ろうと思ってのことだったが、この日の夕暮れは冬の日に素晴らしく美しいものだった。今日は良い日になっただろうし、明日もきっと良い日になるだろう。

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |