|  <<  |    |  >>  |

 曇天はやがて晴天へ変わっていたが、薄い雲で空は時々不思議な色に輝いていた。雲が覆えば、風が吹いてそれを払い、また雲が集まっては風が吹く。降り出したのは、授業も終わり昼食も終えた昼頃だった。
「まあ、大変!」
 空を眺めていたアマーリエにつられて空を見たアイは声を上げた。
「小さな神が嫁がれるわ。あなたたち、天気雨よ!」
 いつも分からないことを何事かと尋ねる相手だったアイが、そう言って女官たちを何人か引き連れて行ってしまったので、アマーリエはお茶を飲みながらみんなが慌てる様をのんびり眺めることになってしまった。
「何かの儀式なの?」
 手近な女官を捕まえて尋ねる。
「ええ、はい、天地を行く者への祝福を言祝がなければなりません。真様、お迎えにあがりますのでお待ちくださいませ」
 彼女も忙しそうに行ってしまう。なんとなくぽつんとした気分になって、窓に寄っていく。
 そういえば、天気雨は、天空の者に地上の者が婚姻した証なのだという言い伝えがあった。もうずっと昔、母がまだ家にいた頃に聞いたお伽話だった覚えがある。伝承ならではにいくつか物語に種類があって、狐が嫁ぐという話もあった覚えがある。
 ヒトにはお伽話でも、リリスにとってはまだ生きている伝説なのだ。こうして人が慌てるような、確かに生活に息づいているもの。もしかして天空を駆ける者だったというリリスに密接に関わる話だったのだろうか。後で聞いてみよう。
 思った時、開かれるようにさあっと周囲に光が差した。
「あ……!」
 口を開けて見入る。
 太陽と雲の加減で空が輝いていた。そのため空に青はなく、太陽の色を淡く塗ったようになっている。風が雲を動かし太陽の光の位置を変え、草原にそれが差して大地は透ける緑と金色になびいている。そうして、ゆっくりとそれが姿を現した。
 風が動かす薄雲の下に、大きな光の半円が出ていた。七色の円環。
 虹だ。
「ねえ! 虹が……!」
 振り返ると、誰もいなかった。部屋を出て廊下を行くが誰もいない。みんな言祝ぎとやらに行ってしまったのだろう。しんと静まりかえる廊下は、湿気で少し木の香りがする。木と、水と、土のにおい。あんなに綺麗な虹が出ているのに誰かいないのだろうか。空を見上げようと思う人は。早くしないと消えてしまうと、サコに言われたことも忘れて廊下を走った。
 幼い頃、天体観測の会で月を見た。誰かがいるといいのにと思いながら一人でも見上げていられたのは、周囲が同じ物を見ようとしているのを知っていたからだ。同じように空を、それぞれで見上げていたのだ。でも今は誰もいない。世界を共有してくれる人は。
 黒い髪をなびかせる人を見つけたのはその時だった。蘇ったのは、ひとりではないと言った囁き声だった。何故か彼にはアマーリエと同じように付き人はおらず、そのためアマーリエは背中から飛びつくように身を寄せた。
「!?」
 キヨツグは険しい気配で振り向いたが、すぐに萎む。
「真?」
「に」
 に? と首を傾げているのに、いっぱいに言った。
「虹が出てるんです、すっごく、大きくて、綺麗な!」
 キヨツグは外を見るが、ここの廊下からは反対方向にある。アマーリエは袖を引いて外に出た。キヨツグは言われるままになっていたが、アマーリエが広い場所を探していると、逆に腕を引いて歩き出した。
 アマーリエが連れて来られたのは北側の草原だった。王宮を囲む城壁を門を通って出て行く。さすがに門番はいなくなってはいなかったが、キヨツグがいたからかあっさりと通してくれた。
 草原には、虹が視界いっぱいに広がっている。大きな世界への門のように、大きく、世界の端から端までを繋いでいた。雲が草原を上を行く。影が動いているのは、もしかして雲の影だろうか。雲の影なんて見たことがない。感じたことがなかった。
 輝く空にはまだ手が届きそうもない。ヒト族は天まで行く術を封印して、地に足をつけて生きることを選んだ。ただ高く高く、建物だけが高く。空を目指し大地を見渡せるように。果てを知らない汚染された泥の浮かぶ海の向こうまでを、知りたいと思って。
 ではリリスは何だろうか。天を行く者だったというリリス。地上に何を見つけて、何故故郷を捨てたのだろう。
 もしそれが虹だとしたら、ここに立っていることだとしたら、息を吸うごとに分かる気がした。空の匂いは知らないけれど想像できる、冬の風の香りだ。地上には空からのものが奇跡のように浮かび上がる。天の合間から降り注ぐ光が、梯子のようにあちこちに射していた。
 虹は長く空に留まり、その長い時間を、消えるまで二人で見ていた。
「……天空にあるものには、魔法があるという」
「……虹、ですか?」
「……太陽にも、星にも雲にも、雨にも月にも。虹にも」
 噛み締めるように彼は言う。ひとつひとつを思い浮かべることの出来る口調やトーン。朝日や夕陽。青白い星光と青空の白雲。夜雨、白い真昼月。天気雨の空の虹。ひとつ、ひとつ。
「……刹那の静寂にいる者が統治者だ。世界を作りたもうた宙(そら)は、その静寂を現す天と、そこを行く者に魔法を与えた。輝く者、掴めぬ者、形はさまざまだが、色を与えられたのは天と虹だった」
 風が吹いている。アマーリエの髪は乱れ、裾も無茶苦茶だ。いつも夜に綺麗に整えられた髪でもないし、昼間どこに出ても恥ずかしくない格好を留めていない。でも、恥ずかしいとは思わなかった。彼が見ているものは、アマーリエの別の部分だった。
「……虹を見るのは初めてか」
 だが優しい声だったので照れくさかった。
「初めてってわけじゃないんです。ただ、綺麗なものを見ると、ひとりではいられなくなります」
 胸がざわめくのだった。ひとりではいられない。それは夜に目が覚めた時に似ている。用事で遅くなって明かりのない暗い部屋に立ちすくんだ時や、誰かの恋の話を聞いている時にもよく似ていた。最近感じたのは、物見櫓の上にいた時だった。でも、それや、王宮に来るまでに見た星空や、今の虹には、いつものように自分自身だけを強く感じるということがなかった気がした。ただ、綺麗なものを綺麗と素直に受け止められた気がした。
「……真」
「はい」
「……寂しいか」
 寂しくはない。本当は寂しい。帰りたい。帰りたい。あの空の狭い小さな世界に。世界はもっと広いと漠然と思っていたのに、そして広いから望めるものがたくさんあると信じていたのに、今はこんなにあの小さな世界が恋しい。人を見て、こんなにつきんとする思いを感じることはなかったから。
「私の寂しさの空白には、『都市』が埋まっていたんです」
 その空白を見ている。宝石のない宝石箱。過去がない小説。長い長い道程が、ぷっつりと切れてしまった跡を見ている。
「だから、『寂しい』の種類が、違う、と思います。多分、キヨツグ様が言う寂しさと、私の感じる寂しさは」
 誰かがいなくて寂しいという思いはしたことがない。みんながみんなそれぞれに生きているから、アマーリエのために生きているわけではないのだから。ほんの少しでも側にいてくれれば、それはきっととても幸せなことだと思うようになっている。
 それでももし、ずっと一緒に寄り添い合うことが恋であるとしたら。
 もしも世界にそんな恋があったとしたら、この世界は、案外優しいところがあると思う。
 見つめたキヨツグの瞳の色が深い。飛び込みたいと思う。水を望む魚のように。そんなことを思うのは、何かの魔法かもしれない。
「……それは」
 彼は少し言葉を切って。
 アマーリエは彼の瞳に切なげで強く焦がれるような光が映るのを、見た。
「……抱きしめれば、埋まるか」
 え、と思考が引っかかった瞬間、抱きしめられていた。
 心臓の音が近い。身体が大きい。屈むようにしてキヨツグはアマーリエを腕の中に収めている。誰かに抱きしめられた記憶は遠すぎて、最近では少し違う形でこの人の腕の中にいたけれど、しかし抱きしめられたことが初めてだと、錯覚する。
 この前の抱きしめ方とは違うと、本能が叫んだ。
 あんなに耳の中にあった音が、こんなに確かに聞こえる。呼応するように胸が鳴っている。耳を澄ませば音楽になりそうな。
「キヨツグ様」
「リリスは、まだ怖いか」
 こんな状況になった理由も分からなければ、このまま問いかけをされる理由も分からない。怖くはない。驚いてはいるけれど、不思議な焦りがある。嫌なものではなく、どうすれば応えられるか考えるような。
「こ、怖くはないです。たくさんの人と関わったけど、みんないい人たちでした。ヒト族の機械に嫌悪感を示さない人もいます。マサキとか……」
 次の瞬間突き飛ばされるようにキヨツグが離れた。いや、本当に突き飛ばされたのだろうか。
 彼の表情が変わっていくのが、アマーリエには見えていた。何故突き飛ばしたか分からず自問し、その自答を得て驚愕に目を見開く。信じられないというように目を見開いて、何事か口から飛び出さないように口を押さえる。目を逸らしたのは再び信じられないと呟くようだった。その短い間の後、アマーリエを見つめた。
 キヨツグは、どこか怖い気配だった。繋ぎ止めようとするような必死さを感じた。
 そして最後には、無表情でくるりと踵を返して王宮に戻っていく。呆気に取られて見送ったが。
「怒らせた……?」
 明白だった。だが、一体何に?
 アマーリエの胸を抱きしめられた感覚に高鳴らせたまま、キヨツグは目の前から去った。
「アマーリエ?」
「っ!」
 縮み上がって振り返るとマサキがやって来るところだった。
「今、天サマとすれ違ったけど……何かあった?」
 アマーリエは問いを聞く前に急いで首を振った。話せない気がした。
「何でもないよ。帰ろう」
 マサキは何か思うところがあったようだが、納得の声を漏らし。
「手、つなぐ?」
 と手を差し出してきた。どきんと胸が鳴ったが、足を急がせる。
「無視、すんなよ」
「ご、ごめん」
 だが手は繋がなかった。マサキの声の低さにも、彼が立ち止まって苦しげに自分を見ているのも気付かなかった。そして、まだ抱きしめられた感覚が残っているのを、誰かの温もりを感じて消すというのが考えられなかった。乱れた衣装を少しずつ整えながら王宮に戻る。
 キヨツグの行った道は草が倒れていたのですぐに分かった。アマーリエはその道から空を見上げる。向こうには太陽があり、少しずつ雲を払い始めていた。

   *

 苛烈に想いを自覚した。
 彼女がいないことを考えられない自分を。

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |