―――― 第 7 章
|  <<  |    |  >>  |

 春を間近にして、再び厳しい冷え込みがリリスを覆った。いくつか仕舞われていた火鉢が再び表に出され、虫干しをしていた相物の衣の行方を下働きの者たちが心配する。山脈には新しい雪が白く塗られる。アマーリエの衣装も春物から冬物を行ったり来たりしていた。
 しかし王宮の静寂はそれだけではなかった。キヨツグが沈黙しているためである。王宮とは主の空気で変わるもの。その一端を担うアマーリエの行動も人々の失望を買った。にわかに囁かれていた夫婦の不仲説が確実な輪郭と尾ひれをもって王宮中やシャドにまで駆け巡る。冷ややかな空気は隅々にまでとどこおり、アマーリエはその冷気の中じっとしていた。雪の下に埋もれるように、静かに。
 移動で廊下を歩けば、侮蔑の視線。すれ違いざま挨拶をしても帰ってくるのはおざなりな返事。角で見えなければ悪意の噂話。すべてが敵に回るという状況は、思ったよりも辛かった。毎日が重たく、助けてくれる人はいないという事実がある。アイたちは慰めてくれてはいたが、彼女たちの言葉は解決には至らないと知っていた。心が離れた女官がいるのも感じられた。
 しかしそんな中にあっても、部屋に閉じこもり誰とも口をきかず何もしないというのは恐ろしかった。だから、毎日の稽古ごとに必死に取り組んだ。叱られても、どれだけ失敗をしても怖くなかった。
 もっと怖いことを知ってしまったから。
 部屋には早咲きの花を飾った。庭師の老人に請うてもらってきた枝が一つ。専属庭師で生涯を終えるつもりだと、聞いてもいないのに話していた老人は王宮の噂をものともせず、「花を愛でる心があるなら良し」と快く花枝を分けてくれたのだ。
 少し話をした。というのも一方的に話されるのに相槌を打っていただけだ。
「俺ぁここの花を世話するだけだが、リリスにしか咲かない花もある。そういうのを想像すんのが楽しんだよ。どこにも行けねえが、ここには花がある。それでいいじゃねえか」
 少しお説教のようだったので、噂をものともしないというのはもしかしたら本当ではなかったかもしれない。
「花が咲いたらまた来いや」
 花が咲いた枝を一つ渡して、老人は笑った。
「多分、もう咲いてます」
 アマーリエは言った。
「後は、見てもらうだけなんです」
 それが難しいんだなと老人は深々と頷いていた。思い出して笑う。あの人は花の番人で、どれほどの花を見てきたのだろうと考える。また会えたら、話を聞いてみよう。
 そういえばあのご老人は白髪だったが、伝説の『白』様だったりするのだろうか。王宮にいてあの庭師のお年寄りに会ったのは初めてだったから、実はということがあっても楽しいかもしれない。つんと花に触れてもつぼみは綻ばないが、花は綺麗だ。罪がない。
「綺麗ですわね」
 じっと花を見ていたのに気付いた後ろから声をかけられる。アイはいつも通り、とは言えない少し落ち着いた笑みで、桃色の花の連なる枝を示した。
「うん。綺麗だね」
「髪に挿されます? きっとお綺麗ですわ」
 少し考えて、お願いしますと言った。女官たちが滑り寄り、髪を結っていく。朝結ったものにこの花は合わないと言い出した女官がいて、髪は一から飾り直しだ。
 ああでもないこうでもないと女官たちが模索して完成させた後は、散歩に行こうと言われた。断らずに、何人かを連れて部屋を出る。この『何人か』も、誰かを贔屓したと思われるのが嫌でいつものように手の空いている人がいるならとアイに人選を任せていた。彼女もよく分かっているのか、快く思っていない女官をも連れていた。数はさすがに気を使って減らされているようだったが。
「あ……」
 みんなが行こうという方向に行くと、向こうの道にキヨツグが見えた。あまりにも遠いし、人に囲まれていてこちらには気付いていない様子だった。つきんとした痛みが胸にあり、目を閉じた。その理由をもう知り始めている。

   *

「ミン卿。その話は」
 遠回しにもう十分だと告げるが、しかし向こうは全く意に介さない。
「我が娘は二十五の盛り。天様のお相手として十分勤まるかと存じますが」
 よもや、とミンの目が光る。
「あのヒト族の真様をこのまま真夫人の座につけたままにするおつもりですか」
「…………」
 ミンはリィ家に連なる家柄。ライカとも繋がりが深く、ヒト族に対する差別があった。ミンに従うつもりは毛頭なかったが、しかしこのままではならないことも心得ているつもりだった。
 あれは周囲を裏切った。そしてその裏切りは取り返しのつかないものだ。伸びた茎を切れば花は咲かぬ。枯れるか、もう一度伸びるか。水や養分と似た伸びる術を手にしているキヨツグが選択をすることによってその花の行方は決まる。これほど重い選択はない気がした。
 黙って廊下を行くと、ミンはまだ追ってくる。執務室に入れば閉め出せるだろうと考えていると、足が柔らかいものを踏みつけた。足を止め、退ける。桃色の何かがひしゃげていた。
 花だった。何者かが落としていったらしい茎の一本を拾う。見れば、続く道に点々と花弁が落ちていた。
「この醜聞、如何なされるおつもりです?」
「…………」
 ため息をついたのは、この質問に慣れきっていて疲れたためではない。
「今は返答できぬ。私の一存では決められぬ故」
 脈ありと判断したのだろう、ミンは顔を伏せても分かる気配を滲ませると、そのまま下がっていった。
「……もうすぐ船遊びの日でございますが、よろしいのですか」
 秘書官がおずおずと尋ねた。シズカが王宮に帰還していることを歓迎して、船遊びの日取りが決められていたのである。そこには王宮女官から良家の子女たちが集まる。ミンの娘も例外ではない。ミン卿と娘がその機会を狙って、攻勢を仕掛けてくることも予期できた。
「構わぬ」
 だがキヨツグは答えていた。手の中の花を見る。この花の名を知っていた。

   *

「真様!」
「はい」
 意識が一瞬飛んでいたが平然とアマーリエは答えた。こういうことがここ数日でとてもうまくなっていた。微笑みもすれば、サコは面食らったように目を見開き、眉間一杯に皺を寄せ、最後にやれやれと呆れていた。
 彼女は何故か女官たちを一斉に下がらせた。みんな一斉に頭を下げて退出していく。アマーリエは部屋中から出て行く衣擦れの音に慌てることはなく、不思議に思って見送りながら、サコを見た。怒られるのならばちゃんと聞こう。だが、思いがけないことが起こった。
 サコは、ぽん、とアマーリエの頭に手を置いたのだ。
「あなた様はよう頑張っていらっしゃる。それは私も存じておりますし、皆も知っています」
 老女の手は優しかった。いつも厳しい人がこんな時優しいのだと思うと、自分がやはり酷いことを彼にしたのだと思い知らされて泣けてくる。だが食いしばるようにして言う。
「……悪いことをしたことは分かっています。これは、私が受けなければならないことです」
「ならば、どうすれば取り戻せるかもご存知ですね」
「分かっています。けれど」
 失われた心、深くついた傷はどうやっても元通りには出来ない。心は新しいものに買い替えることなど出来ないのだから。世界を取り替えることが出来ないのと同じくらいの真理。
 もう一度、目の前に立ちたい。
 祈る神様を都市の人間は持たない。墓参りもほとんどしないから、アマーリエがリリスの廟に詣でるのはここでの居場所をもらうためだ。同じようにして、あの人の前が欲しいと願う。
 そうすればきっと、分かるから。水はある。涙が満ちた。花が光を得られるから。そうすれば、見てもらえる。咲いた花を。

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |