|  <<  |    |  >>  |

 水は澄んで見えたのに、沈んでみると暗かった。光がちらちらと見えるのがアマーリエを焦らせる。水泳は出来る。だが、この衣装では無理があった。川風に寒さを感じないよう何枚も着込んだ女物の衣装では。みるみる重たくなって、底へ沈んでいく。ぐんぐんと引っ張られていく。消えていく。
 もし最後の瞬間心残りが浮かんだのならば。
 誰かが言った。あの人に言いたいの、と。
 何故こんなところへ連れてきたの。何故私だったの。何故優しくしてくれるの。何故突然突き放したの。何故そんなに悲しい顔をして悲痛な声を上げたの。
 分かってる。
 全部わかってる。それが避けられないものだったこと。それが自分自身が招いたこと。あの人が、真実思ってくれていること。どうして分からなかったのと自分を詰る。仇のように自分を思う。そうすれば、誰も傷付くことはなかっただろうに。
 息が保たず大きな泡がぼこりと吐き出された。苦しくてもがいた。光が潰えていく。見えなくなる。心の苦しみはきっとこれに似ている。
 なら最後に何を言いたいだろうか。ありがとう、嬉しかった、楽しかった、もっと一緒にいたかった。できれば――ずっと。
 はっとして目を見開いた。だがそれは淡く目をこじ開けただけになった。それでも目の前に確かな光が見える。射したのは心へ。例えば、ずっと向こうに都市を見ていたアマーリエが、ふと気配を感じて見やった足下の大地に、みるみる根ざして伸びてきた花を見るのと同じくらい、とても強い風が吹いたのと同じくらい。
 それは、懐から飛び出した金の時計の形。
(ああ……そうか……)
 沈むはずの時計は今アマーリエの目の前に沈む寸前の刹那浮かび上がり、伸ばして包んだ手の平に収まった。
 恋をしたんだ。最初の恋を。
 あの人を目の前にしなくとも分かった。ようやく分かった。辛そうな顔を見れば悲しくて、大切にしてくれると嬉しかった。寂しいと感じたのは、最初からあの人の心が手に入れられないと思っていたからだ。好きなのに手に入らない、これほど苦しいことがあるだろうか。
(会いたい、な……)
 水の中、消えていく意識に光が差している。ほらやっぱり、最後の時じゃないと気がつかなかった。やっとこの手の中に形を表したのに、見せられないなんて可哀想だ。
 水底へ沈んでいく。冷たさはもう感じなかった。手の中が温かく、目を閉じた。
 ――……!
 呼び声に目を開ける。目を開けてそこにあの人がいるのは、誰かが願いを叶えてくれたのかなと、思った。

   *

 川岸に上がれば、鬱蒼とした森の影が周囲を取り囲んでいる。かなり流された。どうやらリリスに点在する森林地帯らしかった。この先に不安がよぎる。モルグが移動してきて潜伏しているのなら、見つかればただでは済まないだろう。
 影で冷えた空気にずぶぬれは寒い。腕の中で彼女は力なく身体を投げ出して目を閉じている。やがて、げほっと小さく水を吐き出して息を始めた。すぐに意識を失って水を飲まなかったらしい。どっと、全身から力が抜けた。
 上着を捨てて身軽になっていたが、更に何枚か脱いで水を絞る。陰干しになるが乾かさないよりましだろう。そして、彼女が合わせて握りしめている両手に気付いた。
 不思議に思って、開いてみる。まるで触れられるのを待っていたかのように、するすると手が解けていく。ことりと彼女の胸の上に落ちたのは、彼が贈った金の懐中時計だった。
「エリカ」
 身につけているものは全て流されている。かろうじて残っているいくつかがあったが、彼女はこれだけは手放すまいとしていたのだ。あの、小さな機械ではなく。
「……エリカ」
 ずっとその名を呼びたかった。どれほど怒り狂い、傷付き、絶望しても。これほどまでに愛おしい名前を彼は知らない。
 アマーリエは答えない。息をしているものの、意識が戻っていないのだ。両手をつき、彼女に顔を寄せる。息が濡れた顔の皮膚に触れる。そのまま口づけられる距離。キヨツグは額と額を合わせ、きつく目を閉じて抱きしめる代わりにした。

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |