interlude ...
幕間:Wreath
|  <<  |    |  >>  |

 花が咲くのに必要なのは。

   *

 足を締め付ける固い素材の脚衣。自分に合った寸法のものを見つけるのが難しかったと文句を言われた。当然だ、リリスとヒト族の体型は少々違う。リリスは総じて大柄なのだ。それくらいならこの都市では埋もれるが、注視されると気付かれるのはその目だった。蛇のような、獣のような、瞳が縦に長くなる目。それを隠すため、色付きの眼鏡をかけて彼は歩いている。
 すれ違う者たちが一様に目を向けて一瞬無理矢理止められたように立ち止まる。中には顔を赤くして視線を外さない者もいて、自分は何かおかしいのかと訝しむものの、足を止めてしまえば声がかけられることは経験済みであったため、そのまま歩き続けた。大量生産の既製品だという革の靴が、光沢を持った床を叩いて音を響かせる。
 四角い建物がいくつも並び、それもすべてに階段が備え付けられ四階までが存在する。この広く頑健そうな建物は学舎なのだという。一方で災害時の避難所になると聞いて納得した。ここはうまくすれば砦や城のようなものになるのだろう。
 この学舎は小さな都市社会だと聞いていた。目的を果たす前にその他にも有用な情報を手に入れようと歩き回っている。リリスが都市に侵入出来ないことはないのだが、非常に手間がかかる。『手』や『彫金師』、『書記官』や『風』など隠語で呼ばれる者たちを駆使し、都市を行き来出来る身分証明カードを偽造するというのが大雑把な説明だ。しかし同じカードは二度は使えないため、出入りは一枚につき一度ということになる。
 自分が都市に侵入することには反発もあった。都市に行く、その目的がリリスではなく自分にとっては重要な意味を持っていたのだ。
 歩き回った挙げ句、硝子で覆われた建物の入口まで来た。扉を開き、中に入ると食物と調理の匂いが充満している。広さはざっと八百人ほどが席に着けるほどだろう。これほどの建物にまだこんなに人間がいたのかと驚嘆の息を漏らした。ほとんどが二十代前後というのが信じられない。とてもではないが、リリスにはこれほどの子どもを集められないだろう。
「アマーリエ!」
 そんなざわめきの中、その名が真っすぐに飛び込んできた。そちらに目をやると、娘たちが一人の少女に視線を注いでいる。その少女はこちらに背を向けていて、夜の水のような髪色が輝いているのが見えるだけだ。
「また思ってたでしょう。本当の恋って何? って」
「思ってないよ」
「思った思った。あたしには分かる」
「オリガ」
 穏やかな雰囲気の娘がたしなめる。だが注意された派手な娘は意に介さないようだった。
「確かに人の恋バナ聞かされるほど面倒なものってないけど、アマーリエの場合、分からないなと思いながら聞いてるからタチが悪い」
「分からないのは本当だけど、馬鹿にしてるわけじゃないから」
 答える娘の声が淡々としていることから、非常に慣れた会話なのが分かった。
「私は『恋』っていう感覚を自分の感覚として知らないだけで、想像できないわけじゃないよ」
 続いたごちそうさまの声は弾んでいた。弾ませたようだった。空気を変えようというのか、席を立つ。
「水取ってくるね」
 身を翻した瞬間、かつんと鳴った靴音が高らかに。
 こちらに向かってくる娘の目は、寂しさに沈んで底の方で光を灯している。苦しそうに呼吸を繰り返すように、うまく伝わらないことを悔やんで、自身に非があるのだと思い知っていた。
 恋を知らない娘の瞳は、花のように甘く柔らかい色。

   *

「…………?」
 今誰か見ていた気がするとアマーリエは振り返る。振り返ったさきに人はいない。だがさきほどすれ違った覚えがあったため、その人だろうかと周囲に目を巡らせてしまった。何故か気になったのだ。
 そこには誰もいない。だがこの人いきれと食べ物の匂いの中で、一瞬嗅ぎ取った、乾いた草や雪原の風のような香りがあった。

|  <<  |    |  >>  |
interlude out...



|  HOME  |