|  <<  |    |  >>  |

 目を開ける前から感じていた温もりは、うとうとと眠りに引きずり込むくらいの心地よさだったが、次第にはっきりと目が覚めてくると、見えるものに無意識に疑問を感じた視線が自然と上へ上がり。
「…………!」
 麗しい寝顔を直視してしまった。一気に体温が二三度上昇した気がする。ぱくぱくと口を開け閉めして自分の状況を理解した。目の前には男性的なのに美麗な顔と、それを縁取る艶やかな髪、閉じられた特徴的な目は分からないがひどく睫毛が長い。お伽話の姫もかくやという美貌。
 しかししっかりとアマーリエを抱きかかえている腕は細く見えるのに揺るぎない。
(考えちゃだめ考えちゃだめ考えちゃ……!!)
 必死に色んなことを顔を覆って振り切る。というのは身動きすれば彼が目覚めそうだったので。じたばたしたいのを必死に堪える。すると、ふと感じたものに顔を上げる。今度こそ言葉が消えた。
「……目が覚めたか」
 丸い漆黒の虹彩が柔らかくアマーリエを見つめている。こういう時、どういう顔をすればいいのだろう。考えても分からず更にどうすることも出来なくて、顔を手の平に埋めて逃げた。
「……お、はようご、ざい、ますっ……」
 奇妙な抑揚がついてしまった。ますます顔をあげられない。漏らした息すら艶かしくて、心臓が跳ねて壁にぶつかってどこかに飛んでいきそうだった。顔を向こうに向ける気配がして視線から逃れられたと油断した指の隙間から覗いた、首の筋に羞恥が二倍になって込み上げる。二倍では足りない。
 五時半、と喉に引っかかったような囁き声が時を告げる。すると、少し離れていた距離がぐっと縮められる。
「き、キヨツグ様」
「……まだ眠る」
「おっ、起きなくて、いいんですか。いつも何時頃にお目覚めなんです?」
 ぱっちり目が開く。
「……このくらいだが」
 五時半には起床してそれでアマーリエが就寝する十時から更に遅くまで働いて。労働基準法があるなら引っかかっているのではなかろうか。などと髪に顔を埋められながら考える。この方、もしかして犬猫と間違えていないだろうかと疑問に思うほど、髪をなで回され胸に引き寄せられる。
「お、起きなきゃいけないんじゃ?」
「……起きたくない」
 なんとか腕を突っ張りながら尋ねた答えがそれだ。
「……今日はこのまま眠りたい」
「そ、そんな」
 裸の胸が布一枚越しにあることを意識すると舌が回らない。あわわと意味のない言葉を転がしながら、まさかこのまま独り占めできるはずがないと思う。この人はリリス族長、天だ。アマーリエという個人の夫の前に、リリスという国を支える柱の一本。大勢の幸福を叶える人だ。こうして一緒にごろごろしているわけにはいかない。
「そ、そうだ遠乗り! 遠乗り行きましょう!」
 そうだそれがいいです! と力一杯言うと布団を抜け出して部屋から飛び出した。
 キヨツグが空っぽになった腕を目を何度も瞬かせながら見やり、のっそり身体を起こしてのろのろと自室に向かったのがアマーリエが自分の部屋に戻った数分後だったのだが、アマーリエは大勢の花開くような笑顔に囲まれて、悪いがそれどころではなかったのだった。


 何か話を漏れ聞けないかと興味津々で見つめている女官たちに囲まれながら用意を整える。早いが食事にするかと聞かれたが、彼女たちが聞きたいのはその返事ではない様子だ。誰かが一言アマーリエに呼びかけると素早く緊張が走る。そわそわした空気の中、落花のところに行くと言うと、彼女たちはため息をついてユメに取り次いだ。
 ユメと挨拶を交わし、今日は共に厩舎に行く。するといつもより一時間ほど早いためか、武部の武士たちが馬の手入れをしている。一際大きい挨拶の声はヨウ将軍だ。相変わらず生真面目できびきびした声音だった。
 しばらくすると彼は一斉にある方向へ頭を垂れた。そちらを見ればキヨツグが愛馬を引き出して手を上げている。挨拶は構わないというその手の振りに、武士たちはそれぞれの仕事を再開する。
「おはようございます、天様」
「おはよう、ユメ御前」
「オウギも、おはようございます」
 こっくりと控えていたオウギが頷く。その前でキヨツグが「……行くぞ」とアマーリエの手を引いた。きょとんとしたのが分かったのだろう、キヨツグは少しむっと口を尖らせ「……遠乗りに行くのだろう」と言った。本気ではないわけではなかったが、本気に取られたことに胸が高鳴る。この鳴り方は嬉しい音だ。
 落花には乗せてもらえず、落花は不満そうだった。これまでの騒ぎを考えると、自分の馬で逃亡すると考えられてもおかしくないかもしれない。それとも勝手に逃げ上った山肌から落花もろとも転げ落ちるか。つまりアマーリエの乗馬技術はそれなりに認められているということになる。留守番の落花はユメに託され、アマーリエはキヨツグの黒馬で王宮を出た。
 彼は主人の他にアマーリエを乗せても軽々と駆けていく。行き先は告げなかったが、キヨツグも分かっているのだろう。草原を行き、岩場を乗り越えた先。都市の見える、丘の上。
 息を吸い込めば冴えるような空気の清浄さがある。いつか足下で揺れていた小さな花たちは、いつの間にか広がって柔らかな絨毯を作っていた。草の緑も強く鮮やかな緑。夏になればいっそう力強い大地になるのだろう。
 朝の光は、雲を淡い輝きに染めている。空気が澄んで色まで透明に感じられた。都市のビル群はいつもより霞んでいる。多分、それでいいのだろう。褪せてもそこに都市はある。
「……髪が伸びたな」
「わあ!」
 飛び上がって耳を押さえた。するとぴんと髪が張って頭皮が一瞬痛む。驚いたように彼の手からアマーリエの髪がほどかれていく。あまりにも目を丸くしているため、何か言わなくてはと必死に考えた。その末に言ったのは。
「よ、よく分かりましたね」
 髪は伸びるものだ。ぼけるにも程がある。だがキヨツグは気にならなかったらしく、面白そうに髪を見て触っている。
「……よく出来ている」と呟くのを聞きながら、見慣れていそうなのにと思う。リリスの女性は基本的に髪が長い。仕事柄結う人が多く、髪の短いユメは別格だ。彼女はほとんど男性と同じ仕事をしているようだから、そこにも理由があるのだろう。
「……触ってもいいか?」
 訊かれたが断る理由がなくて頷く。長い指が一部垂らしている髪を梳いて、かんざしや髪留めに恐れるように触れていく。まるで壊れてしまうものを恐る恐るつついている子どものようだ。それで少し言ってみた。
「別に挿しているもの、外しても構わないと思いますよ。帰ったらまた衣装を改めて髪も変えますから」
「……そうか、女はそういうことが多いのだったな」
 では、と遠慮なく髪がほどかれる。軽い音を立てて広がった髪は、よく見てみると確かに結構伸びていた。色素の薄さは相変わらずで、結ったものを鏡に映した時より明るい黒、濃灰色をして、側にいるキヨツグと比べるととても色が抜けていた。少し悲しい気持ちになる。
 都市の人間は色素の薄い人間が多いが、リリスはそれより少し濃いくらいで、キヨツグの漆黒はどうやら別格のようなのだった。族長家であるシェン家の血だろうか、義母のライカも黒い髪をしていたが、キヨツグはそれを上回って塗って磨いたような黒なのだ。
「……このまま伸ばすのか?」
「そのつもりです」
 ここに来た当初のアマーリエの髪は、都市においてはそれなりに長かったがリリスでは短い部類に入った。真夫人としての役目をこなすのなら、長い方が都合がいいだろう。表に出る機会もこれから増えるかもしれないのだ。それがいいとキヨツグは頷いた。
「……お前の髪の色が私は好きだ。夜の水面のような」
 役目云々ではなく好みのことを口にされ、目を瞬かせる。
「夜の水面? 真っ暗ですよ」
「……月夜の水面はこういう色をしている。いい色だ」
 するとキヨツグは髪を一房とって口づけた。一気にアマーリエの頬が熱くなり、思考回路が一部音を立てて切れていった。更にそこから様子をうかがう上目遣いが憎らしく。
「……その瞳も、花の色だな」
 狼狽えて指摘された目を伏せてしまう。その瞼に温かく柔らかいものが触れていく。小さく声をあげて目をつむり、開いた先に背を向けて自由に歩いていく夫の姿が見えた。
(もう、旦那様、なんだっけ……)
 もう行動をはばからなくなったのがくすぐったすぎて身悶えしそうになる。二月ほどあんなにどちらも一線も二線も引いていたのが嘘のように、キヨツグは今日一日だけでもそれまでの倍以上アマーリエに触れてくる。よく考えるとキヨツグは三十一歳。外見のせいで忘れがちだがアマーリエの一回り上だ。慣れているのかも、しれない。アイのような候補がアマーリエの結婚前にはいたというのだし。
 考えると、思考は音を立てて胸の中を掻き乱していく。眉間に皺を寄らせ、苦い味を口の中に広げ、むっと唇を尖らせる。だめだ、とアマーリエは眉間を揉む。オリガたちが言っていた、相手の遍歴を探ることはトラブルの元だと。もう気にしてはいけない。何故ならあの人はアマーリエの夫だから。
 ふるりと頭を振ると、久しぶりに軽い髪が風に自由に吹かれている。朝食前で固めていないので乱れ放題ではあったが、まるで駅のホームで風に吹かれているような気がした。毎日を過ごしている中のひとつ、行くところが決まっている感覚。
「……これはどうやって留めていた?」
 キヨツグが戻ってきて髪を結い上げようとする。簡単に結ぶくらいならできるのだがと言う通り結ぶくらいは出来るのだが、かもじを着けたりかんざしをデザイン的に配置するというのは難しいらしい。視界の端に花が見えたので振り返ると、声とともにキヨツグの指から髪が滑り落ちた。
「……花を飾ろうと思ったのだが」
 キヨツグの手には花々がある。
「……お前は、髪に触れられるのを嫌がらぬのだな」
「嫌がるものですか? ……まあ、あまり付き合いのない人に急に触られたら驚きますけど……」
 髪の長い友人などはどんな人間にも触られるのを嫌がっていたようだが、リリスもみんな髪が長いし、同じなのだろうか。
「誰かに嫌がられたんですか?」
「いや。……嫌がられたというより、あれほど丁寧に扱っているのだから触ると悪い気がした。ライカ様などは特に」
 だから触ったことがない、と彼は呟く。
「お母様の髪を? ライカ様は昔も今みたいに……?」
 眠っていたのかと訊くと、キヨツグは考えるように首を傾げた。
「……今よりは、目覚めていらっしゃったな」
「お母様と、あまり接点はなかったんですか」
「……そうだな、『母』には、抱いてもらった記憶がない」
 黙り込んだアマーリエの髪は、キヨツグに取られる。
「……ライカ様には、」
 その時馬がいなないてキヨツグの肩に顔をこすりつけてきた。アマーリエが驚いて一歩下がったのをキヨツグが手を掴んで留める。が、キヨツグの黒馬は何が気に入らないのかキヨツグに訴えている。
「瞬水。……帰りたいのか」
 馬は急かすように肩を叩き蹄を動かす。キヨツグは呆れたように息を吐き、言った。
「……落花に会いたいらしい」
 目を点にして瞬水を見る。綺麗な漆黒の目は、いい加減にしろよお前ら、と言っているらしかった。さきほどからべたべたとしているのを見ていたのは黒馬の瞬水だけだったので、アマーリエは赤くなりながらごめんねと言った。

|  <<  |    |  >>  |



|  HOME  |