東果てに広がる《死の庭》を鎮めるため、選ばれた護人は祈りの旅路を歩み、人柱となるこの世界。
ロイシア王国第二王女ジゼルは、姉姫ギシェーラを支えながらも、姉の婚約者オルフへの想いを捨てきれずにいたが、そんな彼女に与えられたのは「汝を《死の庭》の乙女に任ずる」という運命の宣告だった……。
「歌え、俺のために。俺を生かすために」
運命の剣の主。名のない娘。孤高の女王。若き公爵。――世界の生贄たる《死の庭》の乙女が繋ぎ導く物語。


第1章 護人選定
  
第2章 祈りの果て
      
幕間   
第3章 南の楽園
      
第4章 希望と影を抱いて
        
第5章 夏の夜の夢と歌
1  2  3  4
第6章 あなたのものになりたい
1  2  3
第7章 《死の庭》の乙女の祝祭日
1  2  3  4  5  6
第8章 永遠に廻る乙女
1  2  3  4  5  6
第9章 闇と死の女王
1  2  3  4  5
第10章 対峙
1  2  3  4
第11章 真実の代償
1  2  3
第12章 運命とともに
1  2
終章 蒼天の恋歌
1  2
終わりの庭


CATALOGS
Title:《死の庭》の乙女たち
Autor:瀬川月菜
URL:http://silverlant.opal.ne.jp/sheoldia/sheoldia.html
linkfree and unlinkfree.

※ 本作品は2012年6月から9月まで連載した原稿に加筆修正を加えた改訂版です。